『夜に洗濯物の外干しはダメ』と言われる理由は?5つのリスクや部屋干しするべきワケ

仕事や家庭の事情で、日中に衣類洗濯ができず、夜まとめて洗濯を済ませて外干ししているという人は要注意!夜間洗濯物を外干ししていると、なんらかのリスクを負ってしまうかもしれません。どのようなリスクを負ってしまうのか、具体的な内容をチェックしてみましょう。部屋干しでも効率よく洗濯物を乾かす方法もご紹介!

夜洗濯物を外干しするのはNGなの?

夜間の洗濯物

生活リズムや洗濯物の多さなどの事情で、夜洗濯をする習慣があることは、決して珍しくはありません。でも、洗濯物は部屋干しすると嫌な臭いがこもってしまい、部屋が狭くなるためできるだけ外干ししたいもの。

だからといって、夜洗濯物を外干ししてしまうのはNG。どうして洗濯物を夜外に干してはいけないのか、理由をチェックしてみましょう。

『夜に洗濯物の外干しはダメ』と言われる5つのリスク

バツ印を出す女性

夜、洗濯物を外干しすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。

1.窃盗被害に遭いやすい

窃盗被害は、女性だけが気を付けておくべきものではありません。男性や子どもの衣類、タオルなども外干しすると窃盗被害に遭う可能性があります。

  • 下着…男女ともに窃盗されやすい
  • シャツ…着るものがない人が盗んでいく
  • 高価な洋服…転売目的での窃盗

デザインが気になっていたという理由であっても、窃盗被害に遭う可能性があります。子ども服も同様の理由で、干すべきではありません。

2.洗濯物の水分が飛びにくく、乾きにくい

夜は、やんわりとした月明りしか出ておらず、洗濯物の水分が飛びにくい状態です。日中のように日光が当たっていないため、洗濯物が乾きにくく生乾きのような仕上がりになることもあります。太陽光による殺菌効果が得にくいので、夜の外干しはメリットが少ないのです。

3.日中の留守を察知されやすい

毎回夜間洗濯物を外干ししていると、日中家に人がいないことを察知されやすいものです。一般の人であればあまり気に留めないかもしれませんが、空き巣から目をつけられてしまう確率がかなりアップしてしまいます。洗濯物は日中外干しするのがおすすめです。

4.天候の変化に気づきにくい

夜間は人が寝てしまう時間なので、天候の変化に気づきにくいものです。

  • 急な雨
  • 突風…洗濯物が飛ばされてしまう

しとしとと降る雨の場合、夜間の暗さでは目に映りづらく、雨音が小さめ。気づいたら、洗濯物がびしょぬれということもあるでしょう。突風によって洗濯物が飛んで行った場合、夜間だと周囲が暗いため発見しにくくなってしまう可能性が上がります。

5.季節によって思わぬトラブルが起こるかも

季節によって、夜間の外干しは思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。

  • 夏…虫が寄ってきやすい
  • 冬…気温が低いと、洗濯物が凍り付いてしまう

春と秋であっても、天候の変化などの面から夜間の外干しはおすすめできません。

効率よく部屋干して洗濯物を乾かすコツ

部屋干しの洗濯物

部屋干しでも、生乾きの臭いなどを発生させずに洗濯物を乾かすことは可能です。

  • エアコンをつけて、風が当たる場所に洗濯物を設置する
  • サーキュレーターや扇風機の風を利用し、洗濯物の水分を効率よく飛ばす
  • 洗濯物の間隔をあけることで、より効率よく洗濯物を乾かしやすくなる

部屋干しすると、室内の湿度が上がり乾燥を防ぎやすくなります。デメリットばかりと思われがちな部屋干しですが、実はそうではないのです。

まとめ

夜間は、どんな人がうろついているかわかりません。窃盗だけでなく、日中の様子などを調べられてしまうと、なんらかの被害に遭いやすくなるので注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る