実は間違っている『爪切りの仕方』2つ ダメな理由と正しい使い方

爪を切る女性

爪を切るという行為は、決して特別なものではありません。日常の中に浸透し、セルフメンテナンスを行う人が多いものだからこそ、正しい爪の切り方を知っておきたいものです。間違った爪の切り方をしていると、指先に思いもよらないトラブルが起きてしまうかもしれません。それを防ぐためにも、間違った爪の切り方を把握しておきましょう。

実践している爪切り方法、もしかして間違っているかも!

爪切り

爪を切る行為は、誰でも日常の中に浸透しているものです。きれいな形の爪は、女性であれば憧れるものです。

しかし、身についているはずの爪の切り方、実は間違いかも!きれいな爪をキープするためにも、NGな詰めの切り方をチェックしておきましょう。

実は間違っている『爪切りの仕方』2つ

バツ印を出す女性

正しいと思いがちな、実は間違えている爪に切り方は以下の通りです。普段の爪の切り方を振り返り、指先や爪に大きな負担をかけていないかチェックしてみてくださいね。

1.爪の両端を深く切ってしまう

爪は先端に向けて山型になっているのが、美しく見せるポイントです。だからといって、爪の両端を深く切ってしまうことで、指が傷つきケガをする可能性があります。

このような爪の切り方は、バイアスカットと呼ばれているNGな爪の切り方です。巻き爪になりやすく、指先だけでなく爪そのものにもよい影響を与えません。

巻き爪になると、指先に痛みが出やすくなるので注意しましょう。病院での専門的な治療を受けなければ、改善されないケースも多々あります。

2.本来残すべき場所まで切ってしまう

指先よりも爪を短く切ってしまう深爪は、指先や足先にかかる圧に爪が耐えられなくなる可能性が発生します。爪が伸びてくるまで指先に痛みが生じ、気になったり十分なパフォーマンスが発揮できなくなってしまうかも。深爪しすぎると出血することもあるので注意してください。

深爪をしてしまうと、爪が皮膚の中に入り込んで炎症を起こす陥入爪になりやすいのも特徴です。陥入爪になると、指先に痛みを感じやすくなります。

正しい爪切りの使い方

爪切りで爪を切る女性の手元

爪切りには、いくつかの種類があります。どの種類であっても、爪を切るためには以下の方法を実践してみるのがおすすめです。

  • 爪の中央部分を爪と水平にカットする
  • 左右を少しずつカットして、形を整える
  • 爪の白い部分を残し、指と爪が同じ高さになったらカット終了
  • ヤスリをかけて、とがっている部分を滑らかにする

指を横から見たとき、爪の白い部分が出ている場合はカットのサインです。深爪にならないよう注意して、爪を切りましょう。深爪になってしまうと、爪が伸びるまでの期間痛みが発生しやすくなります。

切り方によっては傷ができてしまい、病院で治療を受けなければならなくなるケースもありますよ。

まとめ

爪を切るということは、日常的にある行動です。だからこそ、正しい爪の切り方をマスターして、美しく健康的な爪を保てるよう心がけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
爪を切る女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る