実は意味がない『節約術』6選 やる必要がない対策とは?

電卓を打つ手元

節約は、短時間で成功して成果が見えるものではありません。それに、実践していることの内容によっては、逆効果を招いてしまう可能性もあります。今回は、実は効果がない節約術についてご紹介します。普段の節約術を見直すきっかけにし、より効率よく節約できるよになりましょう。おすすめの節約術についても、まとめました。

節約しているはずなのに、逆効果を生んでいるかも!

金欠の女性

節約のつもりでこまめに取り組んでいることが、逆効果を生んでいるとなるとショックですよね。どのような行動が、節約と勘違いしてしてしまいがちな行動なのかをチェックしてみましょう。すぐに試せる節約術も、紹介しています。

実は意味がない『節約術』6選

エアコン操作の様子

節約しているつもりなのに、実はあまり意味がない行動には、以下のものが挙げられます。

1.値下げ商品ばかりを選ぶ

本来ついているはずの値段から、赤札になって大幅値下げしてある商品は、お買い得で魅力的に見えやすいものです。だからこそ、購入するかどうかを考えましょう。

  • 本当に必要なものなのかを考えずに購入しがち…あれば使うかな、というぼんやりとした考え
  • まとめ買いして、結局使わないこともある
  • 品質に問題があり、すぐに使えなくなったり傷んだりする
  • 値下げ前の価格だけに注目して「お得」と思い込んでしまいやすい

もともとほしかった商品であれば購入に踏み切るのはアリですが、そうでないのであれば購入するのは考えたほうがよいかもしれません。

2.まとめ買いする

まとめ買いは、節約の基本!しかし、やみくもな買い物はよくありません。

  • 消費しきれない大量の食材を買い込み、腐らせてしまう
  • 腐りやすいものばかり購入してしまう
  • 不要なものまで購入してしまいがち

買い物に行く前に、なにを買うかを決めてから家を出ましょう。

3.支払いをすべてクレジットに切り替え、ポイントをためる

昨今では、キャッシュレス決済やカード払いが支払いの主流になりつつあります。だからといって、なんでもクレジットで支払いをするのはNG。

  • ポイントがたまるからといって、ついで買いが一気に増える
  • ポイントの有効期限などをチェックしない

現金払いするときに購入するかどうかを念頭に置いて、買い物を進めましょう。

4.食費だけを節約する

食費の節約は、とても重要です。しかし、食費だけを削る節約はNG。

  • 毎日毎食節約料理に切り替える
  • 安い食材だけを使い、少し物足りなくても我慢を強いる

食事は楽しみであり、体つくりの基本です。

5.いきなり厳しい節約に切り替える

今までの無駄使いを取り戻すため、急に厳しい節約生活に切り替えるのはよくありません。

  • 急に食費を削る
  • いきなり大きな金額の貯金を毎月し始める

節約のストレスですぐにリバウンドを起こし、貯めた額以上の出費をしてしまう可能性が高いです。

6.エアコンをこまめに消す

「エアコンのつけっぱなし=高い電気代」と思いがちですが、実はそうではありません。

  • 設定した室温になるまで、エアコンがフル稼働して電気代がかかる
  • エアコンをつけっぱなしていると、電気代が高くなると思い込んでしまう
  • 室温を調整して過ごしやすい空間を作ること=悪いことと思い込む

年齢を重ねている人の場合、「我慢できる=価値あること」と思い込んでいることがあります。昨今の気温は異常なので、できればエアコンはつけっぱなしにしておく方がおすすめ!節約につながり、命の危険を回避できます。

効果があるおすすめの節約

小さな貯金

効果が出やすい、おすすめの節約方法は以下のものが挙げられます。

  • 小銭貯金など、小さな貯金を積み重ねる
  • 冷蔵庫が空になって、なにを作るか決めて買い物に行く
  • お金をかけないレジャーを満喫する…公園でピクニック・ウインドウショッピングなど
  • 固定費プランの見直しを、定期的に行う

節約は、決して苦しく我慢ばかりするものではありません。楽しみつつ、長く継続することが成功の秘訣なのです。

まとめ

節約していると思っている行為であっても、逆効果を招く行動を取ってしまうことは誰にでもあります。小さな失敗をばねにして、コツコツと経験を積み、効率のよい節約術を身につけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電卓を打つ手元

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る