【風水】時計を飾ってはいけない場所がある!?運気が下がる3つの場所とは?

風水において、時計は金運や人間関係などを左右する大事なアイテムです。そこで今回は、時計を飾ってはいけないNGな場所やおすすめの場所を解説します。飾る場所によっては運気が下がってしまう恐れもあるので注意しましょう。

『時計』は金運や人間関係に影響を与える

壁掛け時計の文字盤

リビングや子ども部屋、書斎などに時計を飾っているご家庭は多いですよね。寝室の場合は、置き型の目覚まし時計を置いている人が多いのではないでしょうか。

風水において、時計は時を司るアイテムであり、時間はお金や人間関係を育むという考えから、金運や人間関係に影響を与えると言われています。

時計を飾る位置によっては、金運を上げたり人間関係を良好に築いてくれたりしますが、間違った場所に飾ってしまうと、運気が下がってしまう恐れもあります。時計は正しい位置に飾り、気の流れを良い方向へと導きましょう。

運気が下がる!?時計を飾ってはいけない3つの場所

基本的に、時計は気の流れを動かしてくれるため、どのような場所に飾っても問題ないと考えられています。しかし、ある3つの場所は飾ってはいけないNGな場所とされているので、注意が必要です。

1.目線より低い場所

時計を飾る際は、リビングや寝室、子ども部屋、玄関など、どのような場所であっても目線より低い場所に飾ってはいけません。

風水において、目線を下げる行為は運気を下げる行為と考えられています。そのため、時計を目線より低い位置に飾ってしまうと、時間を確認する際、自然と目線が下へと下がってしまい、運気ダウンにつながってしまうのです。

2.トイレ

トイレは一般的に家の中でも汚い場所として認識されています。その上、体の悪いものを流す場所でもあるため、陰の気がたまりやすい場所とも言われているのです。

そんなトイレに時計を飾ってしまうと、金運が低下し、人間関係悪化を招く恐れがあります。また、気の流れを動かす時計が陰の気に侵食されてしまうと、家全体の運気を下げてしまうでしょう。

家の中でも、トイレにだけは絶対に時計を飾らないようにしてください。

3.台所

時計は金運を司るアイテムでもあるため、「火」の気の強い台所とは相性が悪いと考えられています。せっかく金運を上げてくれるアイテムを台所に置いてしまうと、金運上昇を妨げてしまうのです。

また、台所は「火」の気が強いため、気が乱れやすいとも言われています。気の流れを動かす時計を置くと、気の乱れが悪化してしまう恐れもあるため注意しましょう。

同じ部屋に何個も時計を飾る行為もNG

同じ部屋に何個も時計を飾る行為も良くないと考えられています。いくつも時計があると、時間に追われているような感覚になり、その部屋で過ごしている人の不安を煽ってしまうからです。

人が不安になると、その人を取り巻く気も低迷してしまいます。すると、全体的に運気がダウンしてしまう恐れがあるので、不安を煽るような時計の複数置きは控えるべきでしょう。

運気を上げる時計の飾り場所は?おすすめの場所を解説

壁掛け時計

時計はポイントを押さえて飾ることで、運気を上げてくれるアイテムです。特に金運や仕事運、人間関係を良好に維持したい場合は、以下のような場所を選んで飾りましょう。

  • 立った時の目線より高い位置
  • 玄関
  • 東の方角
  • 北西の方角

まず、時計は立った時の目線より高い位置に置くことが重要です。もしも寝室に目覚まし時計を置いている場合は、機能面も考え、寝ている時に頭より高い位置に来る場所を選びましょう。

また、玄関は気が出入りする場所です。玄関に置くことで、気の流れを正常に戻してくれる働きがあるので、玄関と時計は相性が良いとされています。

時計は「どの方角が良い」「悪い」という方角の指定はありません。しかし、方角の中でも特に相性が良いのは東です。また、北西の方角は仕事運を上げてくれるため、仕事運を上げたい方は、北西の方角に飾るようにしましょう。

時計は目線より高い場所に飾って運気を上げよう

いかがでしたか。時計は目線より高い場所に飾ることで、自然と目線が上に行き、運気アップにつながります。また、家の中の気の流れをよくしてくれるアイテムなので、NGな場所や飾り方に注意し、正しい場所に飾りましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る