サウナにおける『6つのタブー』 絶対にしてはいけない間違い行動とは?

サウナでしてはいけないNG行為とは?

サウナを利用するときは、マナーを守って行動することが重要になります。マナー違反があまりにも目立つ場合、周囲の人を不快な気分にさせてしまうかもしれません。守るべきマナーとはどのようなものがあるのかを把握し、NG行動を取らない要注意しましょう。守るべきマナーについても紹介しているので、サウナ初心者の人必見です。

サウナは狭い空間だからこそ、マナーを守るべき!

サウナ

サウナは狭い空間に人が集まるため、ひとりひとりがマナーを守る必要があります。マナーが守れない人は、周囲の人に迷惑をかけてしまっているかも!周囲の人から冷たい視線を向けられないためにも、守るべきサウナでのマナーを知っておきましょう。

サウナ初心者の人は、マナー違反をしないよう事前に情報をキャッチしておくのがおすすめです。

サウナにおける『6つのタブー』

バツ印を出す女性

サウナにおけるタブーは、以下のものが挙げられます。

1.体を洗わずサウナに入る

サウナに限らず、入浴前にも体を洗うのがマナーです。自宅のお風呂ではないということを意識し、入浴やサウナの前には体をしっかり洗ってくださいね。

サウナは汗をかくからと思い、体を洗わないのは衛生面で周囲の人に不快な思いをさせてしまうかもしれません。入浴施設に来ているのであれば、服を脱いだらまず最初に体を洗って身を清めましょう。

2.サウナでしゃべる

サウナは心を静めて汗を流す場所です。大声でのおしゃべりは、周囲の人に迷惑をかけてしまいます。「サウナでのおしゃべりは厳禁」といって趣旨の貼り紙をしている場合は、私語を謹んで汗をかいてください。

3.サウナ室で水分を垂らす

サウナ室では、無断な水分を垂らさないのがマナーです。

  • 濡れた体のままサウナ室に入る
  • 汗を飛ばす
  • タオルの水分を絞るなど

上記のような行動は、サウナ常連からするとありえない行為!初めてだから許されるというわけではないので、衛生面に配慮してサウナを利用しましょう。

4.サウナ室でくつろぐ

サウナ室の広さには、かなり幅があります。狭いサウナ室ではもちろん、貸し切りでない場合は以下のような行動は慎むべきです。

  • 横になってくつろぐ
  • 椅子に足を乗せ、広くスペースを取る
  • 自宅にいるかのような、だらしない恰好で座る

肩に力を入れて利用しなければならないわけではありませんが、最低限度のマナーを守って利用しましょう。

5.サウナ後、頭まで水風呂に浸かる

サウナのあとといえば、水風呂ですよね。熱い体を冷やすことだけを優先させた行為を取らないよう、注意してください。

  • 体の汗を流さないまま、水風呂に入る
  • 水風呂で泳ぐ
  • 水風呂に頭の先まで潜る

水が流れ出ている付け根で顔を洗うのも、マナー違反です。

6.セルフロウリュ不可のサウナで、ストーブに水をかける

セルフロウリュとは、サウナストーンに利用者が好きなタイミングで水をかけて水蒸気を発生させてもよいシステムのことです。セルフとはいっても、周囲の人に配慮しながら使用するのがマナーといえます。

セルフロウリュ不可の場所で、ストーブに向かって勝手に水をかけてしまうと、ストーブが故障する原因につながるので要注意!事前に張り紙などをチェックして、正しい使用方法を把握しておくことが重要です。

サウナで守るべきマナー

サウナでくつろぐ女性

サウナを利用するときは、以下のことを守りましょう。

  • サウナ室に入る前に、しっかり体を洗う
  • 体を洗って、水分がしたたり落ちない程度に拭く
  • サウナ室では私語を慎む
  • サウナ室内でくつろぎすぎない
  • サウナを出たあと、水風呂に入る前に汗を洗い流しておく

周囲の人へが不快な思いをしないような行動を心がけながらサウナを利用すると、みんなが気持ちよく利用しやすい空間になります。

まとめ

サウナを使用するときは、マナー違反をしてしまわないよう注意しましょう。自分が使ったあとの場所はお湯を流しておくなどの行動おもいやりのある行動を自然と取れれば、周囲の人がさらに気持ちよくサウナを使いやすくなります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
サウナでしてはいけないNG行為とは?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る