映画館でしてはいけない絶対NG行為とは?6つのタブーを解説

映画館を満喫する人々

映画館での行動には、注意を払うべきです。自分勝手な行動が目立つ場合、もしかすると周囲の人に迷惑をかけてしまっているかも!映画館で取るべきではないタブーを知り、周囲の人に迷惑をかけないよう心がけて映画鑑賞を楽しみましょう。映画館出守るべきマナーについても紹介しているので、参考にしてみてください。

映画館は多くの人が利用する場所

映画館の座席

映画館で映画を観るということは、ひとつのエンターテインメントといえます。大きな画面と大音量での映画鑑賞は、自宅では決して満喫することのできない経験です。多くの人と映画を共有するため、マナーを守れない人がいると周囲の人に迷惑をかけてしまうかも。

映画館ですべきではないタブーを把握し、周囲の人に迷惑をかけないよう映画館での映像鑑賞を楽しみましょう。

映画館でしてはいけない6つのタブー

バツ印を出す女性

映画館でしてはいけないタブーとは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

1.携帯電話やスマホの操作、通話

携帯電はやスマホの操作は、上映している映画の雰囲気を一瞬で崩してしまいます。

  • 明かりが発生するため、ムードを損なう
  • 話し声で周囲の人に迷惑をかける
  • 写真撮影や動画撮影など、違反行為につながる

映画館でしか味わえない臨場感や、どっぷりと映画の世界に浸れる空間を崩す行為は、どんな人でも取るべきではありません。

2.スクリーンの前をうろつく

上映時間中に席を立つ可能性があるにもかかわらず、スクリーンの目の前の席に座るのはNG。

  • 途中で映画館に入場する
  • トイレに立つ
  • 携帯電話で応答する
  • エンドロールで立つ

上記のような行動を取ると、映画の世界観を損ねてしまいます。

3.私語をする

映画館では、スクリーンに映像が流れ始めたら私語を慎みましょう。

  • 上映前の予告映像のときに、大声でしゃべる
  • 本編が始まって喋り続ける
  • 映画終盤、クライマックスで結末の予想して騒ぐ

予告映像が流れ始めた時点で、映画本編が始まっていなくても私語をすべきではありません。

4.静かなシーンで音を立てる

映画は、常に大きな音が流れているわけではありません。

  • 飲物をストローで飲む音…飲み終わりのズルズル音
  • 咀嚼音を立てる
  • あえて静かなシーンでしゃべる

静かなシーンだからこそ重要なシーンである可能性が高いので、音がないシーンのときはできるだけ物音を立てないよう映画を鑑賞してください。

5.前や後ろの座席の人に迷惑をかける

前後に座る人に配慮できない人は、映画館での映画鑑賞は控えたほうがよいかもしれません。

  • 前の座席を蹴る
  • 前の座席の頭部部分に足をかける
  • 腕を真上に伸ばして背伸びをし、後部座席の人の視界を遮る
  • 帽子をかぶったまま映画鑑賞する

前後だけでなく、左右の席の人にも配慮すべきです。

6.映画の録画を試みる

映画の録画は、いかなる理由があっても行うべきではありません。無断で映画を録画し、ネットやサイトに投降した場合、違反行為とみなされ罰金などが発生する可能性があります。最低限度のマナーなので、厳守しつつ映画を楽しみましょう。

映画館で守るべきマナー

映画を楽しむ人々

映画館で守るべきマナーは、決して特別なものではありません。

  • 携帯やスマホの電源はオフにする
  • 私語は慎む
  • むやみな撮影は行わない
  • 食べ物の咀嚼音などには注意する
  • 席を立つ可能性がある場合は、スクリーンから離れた場所に座る
  • 23時以降、18歳未満の人は入場禁止
  • 周囲の人に気を配り、座席での座り方に注意する

ルールやマナーを守って映画を楽しむことで、映画館を訪れた人みんなが満足度の非常に高い時間を過ごすことができます。

まとめ

映画館での行動は、場合によっては周囲の人に迷惑をかけてしまう可能性があります。自分が使用としている行動は問題ないか、行動を取る前に考えてみる習慣を持ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
映画館を満喫する人々

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る