実印を作る時にしてはいけない『間違い行為』5選

印鑑

実印は、ひとりひとつしか持てない大切なものです。実印登録しようと思っていた印鑑が、登録不可になってしまったら困りますよね。まずは、実印登録できないNGな印鑑の特徴を把握しましょう。実印登録する印鑑を作るときに、おすすめしたい素材についてもまとめいます。一生使うものなので、自分に合った素材のものを作りましょう。

実印はどんなときに使うのか

捺印する様子

実印と聞くと、とても大切なものであるということはなんとなく感じやすいものです。実印は、大きなお金が動く契約のときに使用する、大切なもの。簡単になくしてよいものではありません。実際どのような場面で、実印は使用されるのでしょうか。

  • 家や車の購入
  • 銀行融資を受ける
  • 生命保険に加入するなど

上記のような、人生の中でも重要な場面で使用されることが多い、安易に使用してはならないものなのです。

実印を作る時にしてはいけない『NG行為』5選

バツを出す女性

実印を作るとき、やってはいけないNG行為があるので注意しましょう。

1.規定内に収まっていないサイズ

実印の大きさの指定には、地域によってばらつきがあります。平均的な大きさは、以下の通りです。

  • 8mmの四角以上25mmの四角未満

上記のものを基準として、実印になりうる印鑑を探しましょう。

2.輪郭の有無

地域によって、印鑑の輪郭の形状によって、実印として使用できない可能性があります。

  • 輪郭そのものがない
  • 輪郭が途切れている

地域差があるため、住んでいる場所で輪郭の有無についてはリサーチしてみてください。転居が多いのであれば、輪郭がついているものを選ぶのが無難です。

3.戸籍登録している名前ではない文字が入っている

戸籍登録以外の名前が彫ってあるものは、実印として登録できないことがあります。

  • 氏名以外の名前…ニックネームなど
  • 肩書き…役職名など
  • イラスト付き…星やハートマーク、絵文字入りなど
  • 逆さ彫り…名前に色がつくのではなく、名前以外の場所に色がつく印鑑

実印として使用するのが恥ずかしくないデザインのものを使うのが、大人としてのマナーです。

4.ゴム製の印鑑

ゴム製の印鑑は、耐久性が低いため実印登録には不向きです。

  • 劣化による損傷の可能性がある
  • 印影が変形しやすい

シャチハタはゴム製なので、実印登録不可となっています。そのほかにも、スタンプも同じ理由で実印登録はできません。

5.三文判

100均などで売られている印鑑は、実印登録できないことがあります。大量生産しているので、印影が同じものが多く存在しているため、実印登録ができないのです。

実印に適している印鑑とは

3つの印鑑

実印に適している印鑑は、以下のような素材のものが挙げられます。

  • 木材系素材…木のぬくもりを感じるだけでなく、耐久性も高い。高級感があり、カラーバリエーションが豊か
  • 角・牙系素材…牛や水牛が用いられることが多く、一昔前までは象牙も使用されていた。透明感があり、非常に美しい印象を持ちやすい
  • 金属・樹脂製素材…昨今では、チタン素材が非常に人気!琥珀樹脂やカラー樹脂で個性を大切にすることも可能

上記のものは、しっかりとした素材のものなので、それなりの値段がかかります。しかし、フォルムが美しくて耐久性抜群!実印としてピッタリな素材なので、丈夫な素材で実印を作りましょう。

まとめ

実印は、ひとりにつきひとつしか持てない貴重なものです。せっかく持つのであれば、素材にこだわったものを持ちましょう。実印登録できる規定内のものを作り、大切に保管してくださいね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
印鑑

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る