トイレに菌を飛散させてしまうNG行為3選!できるだけ防ぐための対策は?

きれいなトイレ

トイレの汚れには、いくつかの種類があります。その中でも注意したいのが、トイレを流したときや水の跳ね返りによる飛散です。トイレの水が飛散し、蒸発したら、無意識のうちに菌を吸収してしまうかも!それを避けるためにも、トイレの菌が飛散しやすくなる状況を把握しましょう。飛散防止の工夫についても、紹介しています。

気を付けているつもりでも、トイレには菌があふれているかも

ふたを閉じたトイレ

トイレ掃除を毎日しているから、我が家のトイレはキレイと思い込んでいませんか?トイレを毎日掃除していたとしても、トイレの使い方が正しくないと、菌が飛散して臭いや汚れがこびりついてしまっているかもしれません。

汚れだけでなく菌が床や壁にこびりついてしまったら、もしかすると感染症を起こすかも!家族や自分の健康を守るためにも、トイレに菌を飛散させてしまう行動を取らないよう気をつけましょう。

トイレに菌を飛散させてしまうNG行為3選!

バツ印を出す女性

トイレに菌をまき散らしてしまう行為は、普段何気なくトイレを使っているときにやってしまいがちな行動ばかりです。トイレの臭いや汚れがなかなか取れないのであれば、ぜひチェックしてみてください。

1.トイレ用ブラシの管理方法が間違っている

トイレ用ブラシは、トイレの汚れを落とすものだからこそ、汚れが溜まってしまいやすいアイテムです。

  • 使用後そのまま放置している
  • したたり落ちた水分をそのまま放置してしまう
  • トイレ用ブラシの受け水が溜まっている

蒸発した水分の中に菌が紛れ込み、トイレの中を漂ってしまうかも!それを吸ってしまうと、体調不良を起こす原因につながる可能性があります。

2.トイレのふたを開けたまま、トイレを流す

トイレの水が流れるとき、目には見えにくい細かな水が飛散してしまいます。トイレのふたを開けっぱなしにして水を流すと、排せつ物を含む水が飛散する量が非常に多くなってしまいます。場合によっては、排せつ物に混じったウイルスを空気中にまき散らしてしまう恐れがあるので要注意!

3.勢いよく放尿する

排尿時、立ったままおしっこをする男性は非常に多いものです。立ったままおしっこをすると、男性専用便器でない場合水が跳ねて床に飛び散ってしまいます。菌が床に付着するだけでなく、床の黄ばみや嫌な臭いの発生につながるので注意しましょう。

トイレに潜む雑菌の散布をできるだけ防ぐための対策は?

トイレ掃除

トイレに潜む雑菌を巻き散らかさないためには、以下のことを心がけてみてください。

  • 一般的な便座の場合、座っておしっこをする
  • 男性用便器を使用するときは、一歩間に出て便器に近付いておしっこをする
  • トイレを流すとき、ふたを閉める
  • トイレ用ブラシは、使い捨てのものを選んで汚れをため込まないようにする

トイレを汚してしまう原因は、男性だけがキーを握っているわけではありません。家族全員がトイレをキレイに使うよう心がけ、汚れたときにはその都度汚れを除去するようにしましょう。トイレブラシは、使い捨てのものを使用するのがおすすめです。

まとめ

トイレに菌を飛散してしまうと、菌がこもってしまい、健康を害してしまう可能性が高まります。みんなが安心して使用できるよう、クリーンな状態をキープするよう心がけてトイレを使用しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
きれいなトイレ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る