『空き巣が嫌がる家』の特徴とは?3つの共通点や防犯のコツを解説

忍び寄る空き巣

空き巣は、どのような家を狙いやすいのでしょうか?自宅が空き巣に狙われやすい条件がそろっていたとすると、怖いですよね。まずは、空き巣が狙いやすい家の特徴をチェックしてみましょう。空き巣が嫌う家の共通点も紹介しているので、防犯対策を行うときの参考にしてみてください。日ごろから行える防犯対策についても、紹介しています。

空き巣が狙いやすい家とは

空き巣のイメージ

一見同じように見える家でも、空き巣被害に遭いやすい家とそうでない家があります。どんな家が空き巣から目をつけられやすいのか、空き巣被害に遭いやすい家の特徴を見てみましょう。

  • 隠れる場所が多い…高い壁・うっそうとした草木など
  • 人通りが少ない
  • 女性が一人で暮らしていることがわかる
  • 夜中家を空けている

上記の条件が複数そろっていると、空き巣から目を付けられやすくなってしまいます。空き巣被害に遭わないためにも、空き巣が嫌がる家に見られやすい特徴をチェック!

『空き巣が嫌がる家』の3つの共通点

窓の鍵をかける様子

空き巣が嫌がる家の共通点は、以下のものが挙げられます。

1.しっかりと防犯対策をしている

防犯対策がしっかりと行われている家は、空き巣が入りにくい環境がそろっているので被害に遭いにくい傾向です。

  • センサーライトの設置
  • 家の周囲に砂利を敷く…歩いた音がわかる
  • 警備会社と契約を結ぶ
  • 番犬を飼う

自宅の状況、近隣住民との兼ね合いなどを考慮し、無理なく実践できる防犯対策を実行してみてください。

2.簡単に侵入できないような工夫を施す

空き巣は、家に誰もいない時間が長い場合、侵入を決行しようと思いやすいものです。仕事などで長時間家を空けてしまうときは、以下の方法で留守を悟られにくくしてみてください。

  • あえてテレビをつけっぱなしにして、誰かがいるように思わせる
  • 基本は車や自転車での通勤だが、歩きや公共交通機関を利用して乗り物を置いていく
  • ロックを厳重に行う
  • 家の周りにものを置かない…無駄なものを置きっぱなしにしておくと、侵入の踏み台になる

家の中に誰かがいると受け取れるような工夫を施すと、侵入するまでに時間がかかりやすく、空き巣に狙われにくい状態になります。

3.死角をなくす

家の周辺に死角になりやすいものが多いと、空き巣から目をつけられてしまいます。死角をなくすためには、以下のような工夫をしてみましょう。

  • 庭に背の高い不要なものを置かない…不要になった家具や、使わない倉庫など
  • 高い壁や草木を設置しない
  • 庭の手入れをして、見通しがよい状態にしておく

家の中をのぞかれることに抵抗がある場合は、レースカーテンなどを使用してうまく目隠しをしてくださいね。

空き巣を寄せつけないための防犯のコツ

防犯カメラ

空き巣から目をつけられないためには、以下のような防犯対策を日頃から実行しておきましょう。

  • いつでも家に誰かがいるように見せかける…ポストに手紙を溜めない・玄関周りをキレイにしておくなど
  • ドアや窓のロックを二重にする
  • 外出時、洗濯物を出す…女性が一人で暮らしている場合は、男性物の洋服を吊り下げるなど
  • 防犯カメラの設置など

防犯対策は、気が向いたときに少しだけ行う程度では効果がありません。自分は大丈夫と思い込まず、誰が見ているかわからないことを念頭に置いて、普段からできる限りの防犯対策を行いましょう。

まとめ

防犯対策は、常日頃から実施しておきたいものです。自分は大丈夫、旦那さんや大きな息子が同居いるから関係ないと思い込むのは危険!

この記事のタイトルとURLをコピーする
忍び寄る空き巣

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る