その束縛、危険かも?『モラハラ夫』の特徴5選

モラハラ夫

モラハラ夫は、結婚するまでは本性を隠していることが大半です。結婚後、時間の経過とともに、徐々に本来のモラハラ気質を発揮し始めます。結婚して夫が変わってしまった、精神的苦痛を感じているとなると、モラハラによって精神的ダメージが蓄積しているのかも!モラハラ夫の特徴を見て、伴侶が当てはまっていないか確認してみましょう。

夫がモラハラをしてしまう原因とは

怒る男性

結婚するまでは優しかったはずの夫が、結婚後時間が経つにつれて徐々にモラハラっぽくなっていくのは、妻としては受け入れがたいものです。どうして夫がモラハラ気質になってしまうのか、いくつか考えられる原因を上げてみました。

  • 生まれ育った環境…父親の不在・親の過干渉・家庭内暴力・モラハラを受けて育ったなど
  • 仕事のプレッシャーやストレス
  • もともと持っている性質…性格やものの考え方、発達障がいなど

上記の条件にあてはまる場合は、モラハラをしてしまう可能性があります。

『モラハラ夫』の特徴5選

叱られる女性

モラハラ夫に見られやすい特徴は、以下のものが当てはまります。夫の言動が気になっている人は、是非チェックしてみてください。

1.妻を見下し、妻に対してなにをやってもいいと思い込んでしまう

本来大切にしなければならない妻を、ないがしろにし続けるような態度を取る夫は、モラハラ気質である可能性が高いです。

  • 妻の手抜きを許さない
  • 妻の体調不良などの事情関係なく、夫の身の回りの世話をやって当然と思っている
  • 妻の発言や行動を見下す
  • 妻を人前で大げさともいえるほど馬鹿にする
  • 妻や妻の家族や友人を全否定

妻はあくまでも自分より下の人間であり、妻の周辺の人も自分が見下していい相手だと勘違いしているのかもしれません。

2.自分の非を絶対に認めない

妻や子どもに対して絶対に自分が悪いと自覚する出来事があったとしても、モラハラ夫は絶対に自分の非を認めません。

  • 謝罪できない
  • 自分のミスは、他人のせい
  • ミスを他人になすりつけて、相手を責める

非を認めないどころか、自分のミスを相手のせいにしてしまうことが多々あります。

3.エリートといわれる立場の人が多い

モラハラ夫は、エリートであることが多いです。

  • 管理職など、仕事で重要な役職についている
  • 仕事ができる
  • 才能がある面を持っている

人を束ねるような立場で仕事をしているので、家庭でも自分が頂点であると思い込んでいる節があるのかも。

4.唐突に感情を爆発させる

モラハラ夫は、前触れなく怒り狂うことがあります。

  • いきなり妻や子どもに怒鳴り散らす
  • 「うるさい」「静かにしろ」など、唐突に怒り始める
  • 大きな音を立てて、家族を威嚇する

家族が自分に対して恐怖に染まった視線を向けたとしても、自分の思い通りに家族が行動すればそれで気が済むのです。

5.家族の行動の決定権を握り服従させる

家族であっても、それぞれ予定を立てていることは、まったく不自然ではありません。しかし、モラハラ夫は、家族の予定などは二の次に考えてしまいます。

  • 家族が大切にしているものを人質に取って、自分の言うことを聞かせようとする
  • 子どもの学校の登校や妻の仕事などのスケジュールを、夫が管理して決めたがる
  • 自分に決定権がないと、梃子でも動かない
  • 家族の言い分は無視する
  • 嫉妬や束縛が激しく、家族の自由を許さない

家族=自分の思い通りになって当然と思っている可能性が高いです。

モラハラ夫への対応策

悲しむ女性

モラハラ夫に対しては、以下の対策を実施してみてください。

  • 夫と物理的な距離を取る…別居するのがベスト
  • 知人がモラハラに苦しんでいるということを、夫に話す…自分の行動や言動を省みるきっかけになるかも
  • 我慢しすぎない…言い返すことによって、モラハラ軽減のつながることがある
  • できるだけ早く離婚する

長年モラハラを受けていると、モラハラを受けているという自覚を持てなくなってしまうことが多いです。無意識のうちに心の病気にかかってしまっていることがあるので、モラハラに耐えられないと感じたら、できるだけ早く夫と物理的な距離を取るよう心がけてください。

まとめ

モラハラを受け続けていると、心がマヒしてしまうことが多いです。心の不調の回復には時間がかかり、場合によっては完治しないこともあります。そうならないためにも、夫の様子を観察し、今後どのようにすべきかを考える時間を持ちましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
モラハラ夫

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る