深夜にしてはいけない『5つのこと』 絶対NGな理由と不吉なサインを解説

窓から光が差し込んでいる薄暗い寝室

昔から深夜に「あること」をすると悪霊を呼び寄せてしまう、という話をよく聞きます。このような都市伝説は日本だけでなく海外でも言い伝えられていることをご存知でしょうか。今回は、不幸を呼び寄せてしまう深夜にしてはいけないことをご紹介します。

深夜には悪い気や存在が集まりやすいと考えられている

髪の長い悪霊

昔から深夜には悪い気や悪い存在が集まりやすいと考えられてきました。このような話は日本だけでなく、多くの国でも言い伝えられているため、多くの人が『夜』に不安や恐怖といった心理を抱いていることがわかります。

特に、日本では午前2時〜2時30分の30分間を『丑三つ時』と言い、真っ暗で皆が寝静まる時間帯には、悪霊や魔物が姿を現すと言われてきました。

こうした言い伝えから、今でも深夜には不吉なものを呼び込むような行為や儀式は避けるべきと考えられています。

深夜にしてはいけない『5つのこと』

では、深夜にしてはいけないことに、どのような行為が含まれるのでしょうか。ここでは、深夜にしてはいけないこととその理由について解説します。聞いたことはあるけれど、なぜダメなのか知らないという人は、改めてチェックしてみましょう。

1.夜中に口笛を吹く

口笛は、古来より神様や精霊、霊魂を呼ぶ儀式で使われてきました。そのため、深夜に口笛を吹いてしまうと、悪霊や悪魔を呼び寄せてしまうと考えられているのです。

また、昔は泥棒が夜に強盗に入る際、口笛で合図を出し合っていたとも言われているため、「こうした悪い人々の中には悪魔が潜んでいる」という理由から、悪魔を呼び寄せてしまうとも言われています。

2.部屋を真っ暗にして手を叩く

「パン、パン」と手を叩く行為は、神社の参拝でも使われる神聖な儀式です。この神聖な儀式を自分の部屋で、そして深夜真っ暗な部屋の中で行うと、地位の低い悪霊や動物霊が集まってしまうと考えられているのです。

もしも深夜に真っ暗な部屋の中で手を叩いた時、いつもより音が響くなどの違和感を覚えたら、何者かが近くにいるサインだという話も伝わっています。

3.鏡の面同士を合わせる

『合わせ鏡』は危険であるという認識は多くの人が持っています。鏡には、古来より神聖な力が宿っていると考えられてきました。霊界につながる存在としても言い伝えられてきたため、その鏡同士を合わせる行為はタブーとされてきたのです。

もしも深夜に合わせ鏡をしてしまうと、霊界につながってしまい、合わせ鏡の中から悪霊を呼び寄せてしまうと考えられています。

また、合わせ鏡をした鏡を覗き込むと、未来の自分が見える、この世のものではない何かが見えるとも言われているので、おすすめできません。

4.お経を唱えて水を飲む

お経を唱えることで、周囲にいる霊を『水』に取り込むことができると考えられています。そうして霊を除霊するという考え方もありますが、霊を取り込んだ水を飲んでしまうとどうなるでしょうか。

お経を唱えて霊を取り込んだ水を飲んでしまった場合、水に取り込んだ霊を体内に取り込むことになるため、悪霊に取り憑かれてしまう恐れがあると考えられています。

5.家や部屋に盛り塩をする

盛り塩は、玄関などに置くことで、家の中に悪い気や存在を入れないようにする行為、と捉えている人がいるかもしれません。しかし、正しくは家に結界を張る行為です。

昼間は陽の気が強いため、盛り塩をするのに最適でしょう。しかし、深夜は陰の気が強く、すでに家の中に悪い存在が入り込んでいる可能性も高いため、その状態で結界を張ってしまうと、家の中に悪霊を閉じ込めてしまうことになるのです。

したがって、盛り塩をする場合は、深夜ではなく、早朝や午前中に行うことをおすすめします。

こんな異変は不吉の兆候かも…不吉サインはこれ!

髪の長い女性の悪霊

深夜、もしも以下のようなサインが現れたら、すでにあなたの近くに悪い存在が近づいてきているかもしれません。

  • 背後から呼びかけられた気がする
  • 背後に人の気配がする
  • 鏡や食器類が割れる
  • 突然部屋の物が倒れたり落ちたりする

なるべくその場から離れる、電気をつけて部屋を明るくする、早く寝ることを意識するなどして、不吉な存在から距離を置きましょう。

次の日の朝は、きちんと日光を部屋に取り入れ換気をするなど、良い気を部屋に入れることが大切です。

早寝早起きをして深夜に現れる悪いものとの遭遇を回避!

いかがでしたか。ただの迷信だと思っていても、聞いてしまうと気になってしまうもの。今回紹介した深夜にしてはいけないことをあえて実行する必要はありません。なるべく早寝早起きを意識して、深夜に現れる悪い存在と遭遇することを回避しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
窓から光が差し込んでいる薄暗い寝室

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る