ソファはどのくらいの頻度で掃除すべき?どれくらいの汚れが溜まってるの?

日光とソファ

ソファが家や部屋の中にあると、ゆったりとくつろぐことができるので重宝しますよね。でも、忙しく毎日を過ごしていると、お手入れを怠ってしまいがちです。ソファに溜まりやすい汚れの種類をチェックして、正しいお掃除頻度を把握しましょう。素材別のお手入れ方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ソファに溜まる汚れの種類

ソファでポテチ

ソファがリビングや部屋にあると、リラックスしやすく、心身の疲労度も回復しやすいものです。家族が集まってきやすく、家族が集いやすくなるのも、ソファを購入するメリットといえます。

しかし、ソファの掃除をしないまま継続使用するのはNG。いろいろな汚れが蓄積しやすくなってしまいます。

  • 髪の毛
  • 皮脂
  • ホコリ
  • チリ
  • 飲食物をこぼし
  • ペットや子どもの排せつ物やよだれ、嘔吐物など

上記のような汚れは、最悪の場合健康を害してしまうかもしれません。

ソファはどのくらいの頻度で掃除すべき?

白いソファ

ソファの掃除頻度を、素材別でご紹介します。汚れを放置したらどうなるのかということも、併せて把握しておきましょう。

ソファ全体のお掃除頻度

ソファ全体のお掃除頻度を、ソファの素材別にご紹介します。

  • ソファカバー…3か月~半年に1回
  • 布製品ソファ…週に1回
  • 革製ソファ…夏は月に2回、冬は1か月に1回
  • 合皮ソファ…2~3か月に1回

ソファカバーをかけておけば、ソファのお掃除頻度を少し落とすことができます。忙しいときなどには、ソファカバーを活用しましょう。上記のお掃除頻度は、あくまでも目安です。汚れがついてしまったときは、その都度汚れを掃除しましょう。

汚れを放置してしまうと、ソファの素材が劣化してしまいます。それだけでなく、思いがけないトラブルを招く可能性があるので要注意!

ソファの汚れを放置するとどうなるの?

ソファの汚れを放置してしまうと、以下のようなことが起きる可能性があります。

  • 臭いの発生
  • ダニが出やすくなる
  • ハウスダストによるアレルギー症状が出やすくなる
  • 汚れがこびりつき、落ちなくなる
  • 素材の劣化につながる
  • 黒ずみの発生など

ソファは、毎日使用するものです。汚れは極力溜めないようこころがけてください。汚れの放置は、ソファの寿命を縮める可能性が高い行為です。こまめに掃除をして、長くソファを使用しましょう。

ソファの掃除の仕方

ソファの掃除

ソファの掃除は、以下のような手順で行います。

  • 布製ソファ…専用アイテムでブラッシングし、掃除機で汚れを吸い取って布を拭く
  • 革製ソファ…掃除機で汚れを吸い取り、若干水を含ませた布で拭いて乾拭きする。クリーナーで円を描くように汚れを拭き取り、保護用専用クリームを塗り込んで乾拭き
  • 合皮製ソファ…掃除機で汚れを吸い取り、特別な汚れがついていないときは乾拭きする

ソファカバーをつけていない場合は、目安となる掃除期間をできるだけ守って掃除を行いましょう。頑固汚れを作らないためにも、お掃除専用アイテムは早い段階で買いそろえておくのがおすすめです。

まとめ

ソファの掃除を行わなければ、想像よりも深刻な事態を招いてしまう恐れがあります。素材に合ったお手入れ方法を、適度に実践して、きれいな状態をキープしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
日光とソファ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る