カミソリでムダ毛処理をしてはいけない?なにを使えば肌への負担は減らせるの?

カミソリは、非常に安価で気軽に使用してムダ毛を処理できるアイテムとして、常備している家庭が多いのではないでしょうか。確かに気軽に使えるアイテムですが、肌への負担が大きいので頻繁に使用するのはNG。どのようなことが皮膚に起こってしまうのかを、まとめました。カミソリ使用後に皮膚になんらかの変化がある人必見です。

日々のムダ毛処理、どうしてる?

ムダ毛処理

ムダ毛は、毎日処理しても1日終わるころには細かな毛がびっしり生えているもの。気軽に使えるカミソリを使いがちだけれど、本来は使用を控えるべきアイテムといえます。

どうして、カミソリを頻繁に使用するのがNGなのでしょうか。その原因を正しく把握し、皮膚への負担が軽い脱毛方法を把握しましょう。

カミソリでムダ毛処理をしてはいけない理由

バツプレート

カミソリを使ってムダ毛を処理すべきではない理由は、以下のものが挙げられます。身に覚えがあるものが理由が、あるかもしれません。

肌の黒ずみが生じやすい

カミソリを使用することで、肌にダメージが蓄積されやすくなってしまう可能性があります。

  • 色素沈着が発生しやすくなる
  • 肌の角質層が厚くなる
  • 肌のくすみなどが濃くなり、黒ずみが生じやすくなる

肌の黒ずみは、女性の大敵!肌へのダメージは、極力減らしつつムダ毛処理をしましょう。

肌の炎症につながる

カミソリ負けによるかぶれや炎症が起こると、色素沈着しやすくなります。カミソリを使用後、皮膚をかきむしってしまうなど、小さな傷を作る原因につながります。

かゆみの原因は、カミソリを使用することによる肌のバリア機能が低下です。バリア機能が低下することによって、肌に炎症が起こりやすくなります。

ケガをする可能性がある

カミソリは、刃物を使っています。使い方を誤ると、皮膚と傷つけてしまうかもしれません。

  • 誤った使い方をすると、肌が切れてしまい出血する
  • 小さな肌の突起に刃が当たって、皮膚を傷つける

小さな傷であっても、傷ができた場所によってはヒリヒリ沁みたりかゆみを感じることもあるかもしれません。不快な症状が出ることもあるので、できるだけ傷は作らないよう心がけてくださいね。

肌への負担を軽くするムダ毛処理方法

考える女性

カミソリ以外を使用して、肌の負担を軽減する脱毛方法を試したい場合は、以下のものがおすすめです。

  • 専用シェーバーを使用する…肌に刃が当たらないため、負担を軽減できる
  • 除毛クリームを使う…タンパク質を溶かして除毛するアイテム。肌が弱いと合わないことがあるので注意
  • 家庭用除毛器を使用する…初期費用は掛かるが、効果が得られやすい
  • 永久脱毛を検討する…敏感肌の人でも安心だが、お金がかかる

脱毛や除毛後は、肌への負担を考慮してしっかりと保湿すると、さらに肌への負担が少なくなります。家庭用除毛器は、いろいろなものが販売されているので、口コミなどを参考にして後悔しない買い物をしましょう。

まとめ

カミソリは安価で使用しやすいものですが、肌の負担を考えると毎日使用するのは危険かもしれません。肌への負担を軽くすることができるケア方法を見つけ、自分に合った方法を実行しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る