相手を傷つけずに『口臭』を指摘するには?3つの方法を紹介

口臭のイメージ

口臭が発生する原因は、複数存在しています。相手に直接口臭がするということを伝えてしまうと、相手がショックを受けてしまう可能性大!大きなショックを与えてしまわないためにも、口臭を指摘するときの言葉選びは慎重に行いましょう。口臭を伝えるおすすめの指摘方法を紹介しているので、是非チェックしてみてください。

自分で気づきにくい口臭、指摘されるとショックを受けやすい!

鼻を覆う女性

口臭は、どんな人でも出ます。こまめにケアしていたとしても、条件さえ合えば口臭は発生してしまうのです。口臭を指摘した側は親切で言ってあげたつもりでも、指摘された側の人は大きなショックを受けやすいもの。

相手の口臭が気になったとき、相手を傷つけずに口臭ケアを促す方法を身に着け、大切な人と良好な関係を保ちましょう。

相手を傷つけずに『口臭』を指摘する3つの方法

歯医者

相手を傷つけずに口臭を指摘する方法は、以下のものが挙げられます。相手の性格や思考回路などに合わせた言い方を、実践してみましょう。

1.歯医者に最後に行ったのが、どれくらい前なのかを聞いてみる

口臭の原因が虫歯や歯周病である場合、治療を受ければ口臭が収まることが多いです。

  • そういえば、最後に歯医者に行ったのいつだっけ?
  • 今度歯医者で虫歯がないか見てもらうけど、一緒に行く?
  • 健康な歯でいつまでも美味しいものを一緒に食べたいから、歯医者さんに行ってみない?など

歯医者さんに行けば、虫歯の治療や歯周病の発見など、すぐに原因がわかることが多いです。放置しておくと口内環境が悪化する恐れがあるので、歯医者さんにしばらく行っていないのであれば、誘うような形で受診し、原因を探ってみましょう。

2.体調に問題がないか聞いてみる

からだの不良が、口臭となって現われることがあります。

  • 最近疲れがたまってない?ストレスはため込まないで発散させよう
  • 体の調子、どこかおかしいと思ったことはない?少し口臭がするから心配
  • 最後に検診に行ったの、いつだっけ?今度検診に行ってみよう

相手の体調を気遣う言葉を最初に言うことで、口臭を指摘されても嫌な気持ちになりにくくなります。最初に口臭を指摘してしまうと、相手にショックを与える可能性があるので注意しましょう。

3.口臭ケアやチェックグッズを一緒に試してみようを誘う

自宅で簡単に試せるケアやチェックグッズを上手に活用することで、口臭を発見することも可能です。

  • 年齢的に口臭が気になってきたから、一緒にやってみよう
  • 初めて使うから、どう使うかよくわからない。一緒に使ってみてくれる?
  • 私もやるから、一緒に使ってみよう

相手だけに使わせるのではなく、自分も一緒に使うということを伝えることで、相手の心に負担をかけずに口臭ケアに取り組むことはできます。

口臭の原因

女性の口臭

口臭が発生してしまう原因は、以下のものが考えられます。

  • 臭いが強うものを食べた…ネギ・ニンニク・アルコールなど
  • 虫歯や歯周病、史跡の蓄積など…ひどくなるほど、口臭が悪化しやすい
  • 体の不調…蓄膿症・肝機能の低下・糖尿病・便秘・口腔がん
  • 女性特有のホルモンの変化が起こる時期…生理前後・妊娠中・閉経後
  • ストレスを抱えている…唾液量が減少して、口臭が出やすくなる

病気などが絡んでいることが多い一方で、ホルモンバランスの変化やストレスでも口臭が発生しやすくなります。

まとめ

口臭は他人事と思い込んでしまうのは、よくありません。身近な人の口臭が気になり始めたら、自分も一緒に口臭ケアを行いましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
口臭のイメージ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る