みそがマズくなる『NG行為』3選!劣化する原因と味の質を落とさない保存方法

合わせみそ

みその風味が落ちてしまう原因が、もしかすると保存環境が合っていないのかもしれません。せっかく購入したみそが、変色したり味や品質が落ちてしまうのは残念ですよね。それを防ぐためにも、みそにすべきではないNG行為をチェックしておきましょう。みその正しい保存方法も紹介しているので、ぜひ実践してみてください。

保存していたみその味が落ちている!どうして?

赤味噌と白みそ

みそを購入して、いざ使おうとしたら、見た目が変わっている!みそは保存環境を間違えてしまうと、味や品質が落ちてしまう可能性が高い食材です。開封直後の味や風味の変化が気になるときは、みその保存環境に注目してみましょう。

みそがマズくなってしまうNG行為と、正しいみその保存方法を把握し、みその味を落とさないよう管理する参考にしてみてください。

みそがマズくなる『NG行為』3選!

すくったみそ

みそがマズくなるNGな行動は、注意しなければやってしまいやすいものもあるので、是非チェックしてみてください。

1.高温の場所で保存していた

みそを常温保存していると、徐々に赤く変色し始めます。これを褐変といい、どのみそでも気温が高いとみられやすい変化です。

  • 風味が落ちる
  • 香りが落ちる
  • 味が落ちる

褐変がおこると、上記のような変化が現れやすくなります。温度が安定しない場所、季節によって気温が高くなる場所での保存も不向きです。

2.濡れた調理器具で味みそをすくった

スプーンやお玉など、濡れた調理器具でみそをすくうと、水分が触れた部分から劣化しやすくなります。

これは、みそに限らず食品全般を扱うときにいえることですが、水分が付いた状態やいったん誰かの口に触れた調理器具を、食材と接触させてしまうのはNG。雑菌が繁殖しやすくなる原因につながります。

しっかりと乾燥させた、乾いた調理器具を使用する習慣を身につけましょう。そうすることで、みそのみならず、他の料理や食材の劣化を防ぎやすくなります。

3.カビの放置

みそに生えたカビをそのままにしてしまうと、徐々に広まる可能性があります。特に、黒や青色のカビは、放置しておくと広まる可能性があるので要注意!

みそにカビが生えた場合は、カビの外周1cmほどを余分に一緒に取り除くと、繁殖を防ぎやすくなります。

みそはカビが生えやすい食材であり、カビが生えても深刻にとらえなくても大丈夫なケースもあります。しかしプロのように経験を積んでいるわけでない場合は、放置せず、カビを見つけたらできるだけ早く取り除いてしまう方が無難です。

みその味や質を落とさない保存方法

味噌を持つ女性

みその味や質を落とさないためには、以下の方法で保存することをおすすめします。

  • 開封後は、表面シートやサランラップを使用してできるだけ空気が入らないよう保存する
  • 冷蔵庫か冷凍庫で保存…冷凍保存しても、若干硬くなるだけで凍り付くことはない

みそは、低温で管理すると劣化を防ぎやすくなります。乾燥を防ぎ、酸素に触れる面積を少なくすることも劣化を防ぐためには欠かせない行動です。

まとめ

みその風味が落ちる原因を把握することによって、みそを長く美味しく保存しやすくなります。長く美味しい期間を保てるよう、正しい保存方法を身につけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
合わせみそ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る