入学祝いの金額の相場は何円?小学校~大学の目安と渡すときのマナー

春になると子供の新たな門出を祝うことが増え、進学祝いとしてご祝儀を渡す機会が多くなります。そんな時一体いくら包むべきなのか迷う方も多いのではないでしょうか?贈り相手の進学先と渡す側の立場でも金額は大きく変わってくるようです。今回は悩みがちの入学祝いの金額の一般的な平均を進学先、立場に分けてご紹介していきます。

入学祝いの平均金額はいくら?

財布を持って悩む女性

お孫さんや甥っ子、姪っ子がいると、節目の出来事にお祝い金を用意しなければならないことがありますよね。

ここで困るのが、お祝い金として価格はいくら包むべきなのか、またプレゼントにはどのくらいの金額をかけるものなのかなど、相場が分からないときです。

お祝いの気持ちなので人それぞれとは言えど、渡して失礼になることは絶対に避けたい、せっかく渡すのであれば喜んでもらいたいものです。

また、渡す対象によっても金額は変わってくるものです。孫となれば高額な金額やプレゼントを渡す人が多そうですし、では親戚の場合はどうしたら…?

今回はそんな悩みに答えるよう、渡す相手の進学先、渡す側の立場に分けてご紹介していきます。

小学校の入学祝いの金額

新一年生の女の子

親戚の場合

親戚の子が小学校に入学した場合、5,000~10,000円を渡すことが相場のようです。

甥っ子や姪っ子など近しい親戚の子が小学校に入学したときは、お祝い金を渡すことが一般的とされているようです。また現金の他、図書カードや商品券、文房具などこれから小学校で使いそうなものをプレゼントすると喜んでもらえるようです。

しかし文房具などをプレゼントする場合は、早めに準備してしまっている家庭もあるので先に何が欲しいか確認することをおすすめします。

孫の場合

お孫さんの場合は高額な金額を渡す人が多く、相場は10,000~50,000円のようです。

また中にはプレゼントとして、高額なランドセルや勉強机を買ってあげる人もいます。プレゼントする場合すでに準備していないか、親御さんに何がいいか確認してからプレゼントしてあげてくださいね。

知人のお子さんの場合

親しい知人のお子さんが入学した場合、3,000~5,000円を渡す人が多いようです。

知人のお子さんに関しては、渡すことが当たり前ではありませんので、無理して何かを用意する必要はありませんが最近は親しい友人のお子さんに渡したいと考える人も多いようです。現金で渡すより、図書カードや商品券で渡される方が多いといわれています。

また小学校入学のお子さんに喜ばれるプレゼントとして、図鑑、本、地球儀、文房具、リュック、靴、雨具などが挙げられます。男の子か女の子かで好みが変わってくるので、親御さんに聞いてから用意するといいですね。

中学校の入学祝いの金額

制服を着た女の子

親戚の場合

親戚の子が中学に入学する場合の相場は、10,000円程度だそうです。

小学生のときより少し高めの金額を渡す人が多いようです。プレゼントを贈るときは、通学カバンのようなこれから新調する必要のありそうなものが喜ばれるようです。

孫の場合

中学生となるお孫さんへのお祝い金の相場は30,000~100,000円と幅広い額になっています。

これはお孫さんに直接渡すのか、入学する際にかかる制服などの費用に当てることを考えて親御さんに渡すのかで差が大きくなるようです。最近では中学入学と同時にスマホを持つ子が増えており、スマホ代に使う方もいると言われています。

知人のお子さんの場合

親しい知人の中学生のお子さんに渡す場合の平均は、小学生と変わらず3,000~5,000円が相場のようです。

中学生にもなると欲しいものが幅広くなるので図書カードより商品券で渡す方が喜ばれるようです。また中学生のお子さんに喜ばれるプレゼントは辞書、電子辞書、定期入れ、腕時計、財布、革靴などだそうです。

高校生への入学祝いの金額

合格通知

親戚の場合

高校入学を控えた親戚へのお祝い金の相場は、10,000~20,000円程度のようです。

やはり年齢を重ねる度にお祝い金は増えていく傾向にあります。プレゼントの場合は、高校生にもなると自身の好みなどはっきりしているため、本人にどんなものがいいかを確認してからプレゼントする方が喜ばれるようです。

孫の場合

お孫さんに高校入学時にお祝い金として渡す額は、30,000~100,000円という人が多く、中学入学時の平均と大きな差はありません。高校も制服や入学金などたくさんの費用がかかるのでその援助として高額な金額を渡す人が多いようです。

知人のお子さんの場合

知人のお子さんが高校生になる場合、5,000~10,000円程を用意する人が多いようです。

高校入学は多くのお子さんが受験を経て進学するので、合格祝いとしての意味合いが強く含まれています。喜ばれるプレゼントは、中学校入学時と変わらず辞書や電子辞書のほか、定期入れや腕時計、財布、革靴などのようです。

大学生への入学祝いの金額

新生活をスタートする大学生

親戚の場合

親戚からの大学入学時のお祝い金は、10,000~30,000円が相場となっています。

大学生から生活がガラリと変わり、一人暮らしを始める人も多く新生活のため家電などをプレゼントする人が多いようです。またスーツもプレゼントとして喜ばれる贈り物です。

孫の場合

お孫さんが大学に進学する場合、30,000~300,000円とかなり高額な金額を出す方が多いようです。やはり一人暮らしを始める人が多く、高額な金額を渡す場合はそのための費用として負担する祖父母の方も多いようです。

知人のお子さんの場合

知人のお子さんが大学生になる場合のお祝い金は、10,000~20,000円の範囲が相場だと言われています。

新生活を始める方も多く、その場合はコーヒーメーカーや電子レンジ、炊飯器など手の届きやすい家電用品をプレゼントすると喜ばれるようです。

もうすでに用意しているかもしれないので事前に確認をすることをおすすめします。最近では相手に選んで貰えるギフトカタログをプレゼントする人も増加傾向にあります。

入学祝いの渡し方やマナーとは?

のし袋を手渡す人

入学金お祝いを渡すときのマナーをご紹介していきます。現金でも商品券でも、プレゼントでものしを付けて贈りましょう。

のしは紅白の蝶結びの水引を使うようにしてください。現金の場合はのし袋に包んで渡しますが、金額によって入れるのし袋が変わるので注意してください。

10,000円以上の場合は紅白の蝶結びの水引が付いたのし袋を、10,000円未満の場合は紅白の蝶結びの水引が印刷されているのし袋に入れるようです。

のしの表書きは上の段は、「御祝」「御入学祝」「ご入学お祝い」と書いておくのが通例です。下の段は、表書きよりも少し小さな字で贈る人の氏名を書いてください。

入学祝いを渡す時期とは?

のし袋を受け取った人

入学祝いを渡す時期ですが、ベストは贈り相手の入学前だと言われています。入学先が決まり、入学の1週間~2週間前に渡すようにしましょう。

しかし遠方などでなかなか会えない場合は、入学後でも大丈夫なようです。もし入学先がわからないという場合は、卒業祝いとして贈る形でも問題ありません。

まとめ

桜の下で笑顔の学生

入学祝いの相場をご紹介してきましたが、贈る相手への関係性や想い入れでかなり差が出るようですね。やはり可愛いお孫さんのために、高額な金額やプレゼントを用意する祖父母の方が多いようです。

でも、お孫さんが多ければ多いほど渡す機会が多く金額的にも負担が多くなるので、ぜひご自身の生活を一番に考えて負担の少ないようにしていて頂きたいです。

相手のことを想って包んだお金や、選んだプレゼントならきっと喜んで貰えるはずです。こちらの記事を参考にしながら贈り相手のことを考え、喜ばれるものを贈って頂けたら幸いです。