『寝相』でわかる性格3つ!人の本性は睡眠時の姿に表れる!?

寝相でわかる性格とは?

人間にとって、睡眠は欠かせないものです。それと同時に、無防備な姿になる瞬間でもあります。寝ているときの寝姿勢は、無意識に自分が本来持っている性格を表しているかも!どのような寝方をしているのか把握し、自分の性格を分析してみましょう。最近安眠できないという人は、安眠するために試したいことも紹介しているので要チェック!

寝ているときの姿、把握していますか?

寝ている女性

普段他者に向けている自分の顔や性格と、本来の自分の性格には違いがあるものです。日中気を張っているときは本来の性格を隠すことは可能ですが、眠っているときの姿勢は変えることができません。

寝姿勢によって、本来の性格を分析することが可能なので、ぜひ自分の寝方をチェックしてみてください。自分でも気づいていない、新たな発見があるかもしれません。

『寝相』でわかる性格3つ!

あおむけで眠る女性

寝相によって、性格の傾向が異なります。自分の寝相を把握し、性格をチェックしてみましょう。

1.仰向け寝

仰向けで寝るのは、男性が多いとされています。子どもにも多い寝姿勢です。

  • 大の字…基本的に親切で誠実。愛嬌があり、周囲から好かれる。世話焼きな面をもつ
  • 両手を頭の後ろで組んで寝る…勉強が好きで、たくさん知識を持っている。奇抜な考え方をし、人を好きになりにくい
  • 足を組んで寝る…自分の生活リズムなどを、他人から変えられることを嫌う。ナルシスとな面を持つ

仰向け寝ひとつとっても、細かな違いで性格がかなり異なります。普段仰向けで眠りにつく人、朝起きたとき仰向けで寝ている人は、どのような寝方をしているかしっかりチェックしておきましょう。

2.横向け寝

横向きで寝る人も、寝方の違いで性格を分析できます。

  • からだの下に腕が入っている…温厚な性格で、礼儀正しい。良識があり、社会への順応力も高い
  • 片方の腕を曲げて寝る…細かいことに注目しがちな、気難しい面がある。愚痴が多い
  • 胎児型…どこかで不安を抱え、怒りっぽい状態。嫉妬深くて甘えたい気持ちを持っている

性格だけでなく、思考などの傾向も知ることができます。横向きで寝ている人は、今の自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

3.うつぶせ寝

うつぶせ寝で睡眠をとる人は、公私ともに自分のペースを崩したくないタイプ。努力家な面も持っています。どこか自己中心的な部分がある可能性もあるので、普段の言動などを振り返ってみましょう。

安眠するために大切なこと

寝室

疲れを取るためには、熟睡するのが一番です。今よりもさらに質の高い睡眠をとるためには、以下のことを試してみましょう。

  • 眠る前にルーティンを身に着ける
  • 心地がいいと思えるものをベッドに置く
  • 寝具の見直し…マットレスの硬さ枕に高さ・季節に応じた布団選びなど
  • 自然と目が覚めやすくなる環境を整える…カーテンの隙間を開け、日光が入るよう調整
  • 睡眠をとる3時間前に食事を済ませる
  • 寝る直前までスマホやパソコン、テレビ画面を観ない

質の高い睡眠をとることで、日中のコンディションが整いきびきびと活動しやすくなります。本来の性格のよい面を活かしながら、生活を楽しみましょう。

まとめ

寝相で本来の性格が見抜けるのは、とても興味深いですね。普段の寝方を把握し、自分の本来の性格がどのようなものなのかを把握しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
寝相でわかる性格とは?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る