使うべきではない『洗濯コース』4選!服の素材や洗濯表示を必ず確かめて!

洗濯物は、毎日出るものです。それだからこそ、ついうっかり素材に合わないお手入れをしてしまって衣類に大きな負担を与えてしまいやすいものです。お気に入りの衣類に大きな負担をかけないためにも、NGな洗濯方法を把握しておきましょう。洗濯前にすべきこと、正しい衣類のメンテナンス方法も要チェックです。

洗濯前にすべきこと

洗濯タグ

衣類の洗濯は、毎日行うものです。毎日の繰り返しだからこそ、ついうっかりしてしまい、衣類に大きなダメージを与えてしまうこともあるものです。新しい衣類を購入して初めて選択する場合、以下の点に注意しましょう。

  • 洗濯表示のチェック…使用できる洗剤とメンテナンス方法を確認
  • 衣類の素材をたしかめる
  • 自宅で洗えるかどうか確認する

上記のようなことに注意し、衣類をどのようにお手入れすべきか見極めましょう。

使うべきではない『洗濯コース』4選!

バツ印を出す主婦

衣類の種類によって、使用すべきではない洗濯コースがあります。どのようなものが挙げられるかチェックしてみましょう。

1.普段着をおしゃれ着モードで洗濯する

普段着は毎日着用するものなので、しっかり汚れを落としたいですよね。型崩れを避けるためにおしゃれ着モードで洗濯してしまうのはNG。

  • 汚れが落ちない可能性がある
  • 落ちきれなかった衣類の深部にある汚れが蓄積し、衣類から嫌な臭いが出始めるかも

普段着は、適切な洗剤や柔軟剤を使用して普通洗いモードで洗濯しましょう。

2.おしゃれ着を普通モードで洗濯する

おしゃれ着に汚れがついてしまったり、汗をかいた場合、しっかり洗いたくなりますよね。しかし、おしゃれ着を普通モードで洗濯してしまうのはNG。

  • 衣類が傷む
  • 型崩れしやすくなる
  • 深いしわができてしまい、見た目を損なう

おしゃれ着は、基本的に専用のお手入れモードで洗濯をしましょう。シミ汚れや汗をたくさん吸収した場合は、手洗いで予洗いすると、汚れが落ちやすくなりますよ。

3.洗濯不可のものを、洗濯機で洗う

コートや着物など、洗濯不可のものを洗濯機で洗うと、衣類の型崩れなどにつながり二度と着用できなくなるかもしれません。洗濯できないもの、自宅で洗濯して大丈夫なのか不安なものは、クリーニングに出しましょう。

4.乾燥機不可の素材を乾燥機で乾かす

乾燥機不可となっている素材の衣類を、洗濯ついでに乾燥機で乾かしてしまうのはよくありません。

  • 天然素材…綿・麻・ウール・シルクなど
  • 化学繊維…ナイロン・ポリウレタンなど
  • クレープ生地
  • ちりめんなど

乾燥機マークは、洗濯表示の中に必ず記されています。初めて着用した衣類を洗濯する前に、チェックしておきましょう。

正しく衣類をお手入れするコツ

洗濯の様子

正しく衣類をお手入れするコツは、以下のものが挙げられます。

  • 手洗いマークがついているものは、おしゃれ着モードで洗濯する
  • おしゃれ着と普段着で、使用する洗剤を使い分ける…おしゃれ着専用洗剤を使用するなど
  • 素材に応じて、洗濯ネットを使用する…型崩れ防止
  • 自宅での洗濯が不可なものは、定期的にクリーニングに出す

衣類は、基本的に洗濯表示に従ってお手入れするときれいに仕上がりやすくなります。衣類の素材に合ったメンテナンス方法を実践し、お気に入りの衣類を長く着用しましょう。

まとめ

洗濯方法を正しく守ることで、衣類を長く着用しやすくなります。正しいお手入れ方法を身に着け、上手に衣類をケアしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る