白菜の選び方にはコツがあった!6つのチェックポイントやNG項目を解説

白菜を購入するとき、どれも同じと思って選んでいませんか?実はスーパーに並んでいる白菜は、鮮度に個体差があります。今回は、白菜を選ぶときに知っておきたいチェックポイントを複数ご紹介します。すぐに実践できるものばかりなので、白菜を購入する前にいくつか把握しておき、実践してみましょう。

スーパーの白菜、適当に選ぶのはもったいない!

たくさん白菜

スーパーで売られている白菜は、一見どれでも同じように見えがちです。同じ価格で販売されている白菜でも、鮮度にばらつきがあるもの。同じ価格で購入するならば、鮮度抜群のものを購入したいですよね。

今回は、スーパー白菜を選ぶときのチェックポイントについて解説します。購入すべきではない白菜の特徴もまとめているので、必見です。

白菜を選ぶときの6つのチェックポイント

白菜を持つ女性

白菜を選ぶときにチェックしたいポイントは、以下のものがあります。

1.葉っぱの先端が緑色で、芯が白いもの

白菜の葉先と芯は、購入前に絶対確認しておきたい部分です。

  • 葉先までみずみずしい
  • 枯れている箇所がない
  • 芯の部分が美しい白色

半玉でもひと玉でも、葉先と茎の色は絶対にチェックしましょう。上記の条件に合う白菜は、鮮度が高いものといえます。

2.手に持ったとき、ずっしりとした重さを感じる

白菜は、大きさよりも重さを重視して選ぶべきです。

  • 糖度が高い
  • しっかりと葉が巻いている証拠

複数持ち比べてみて、重さをたしかめて購入するような習慣を持つのがおすすめです。

3.葉脈が左右対称

葉脈が左右対称の白菜は成長に偏りがないため、美味しいといわれています。

ひと玉購入する場合は、見えやすくてわかりやすいですよね。半玉の場合は、葉一枚をすべて見るのが難しい場合があります。確認できそうな場合はチェックして、できない場合はほかの部分で鮮度を見極めましょう。

4.外葉がついている

白菜の外葉がついているものと、取り除かれたもの。どちらを手に取っていますが?実は、外葉がついているものの方が、お買い得なのです!

  • 鮮度が高い場合、外葉がついていることが多い
  • 外葉は傷みやすいので、収穫から時間が経っているものは外葉を外している

少しわっさりした印象を持つかもしれませんが、白菜は外葉つきのものを選ぶのがおすすめです。

5.中の葉が黄色い

半玉にカットされた白菜を購入する場合、内側の葉の色に注目!

  • 切ってすぐの白菜は、中の葉が黄色い
  • 芯の部分にふくらみがないものを選ぶと、より新鮮

半分にカットしている白菜は、劣化しやすいため、販売されているものの鮮度は絶対チェックしておきましょう。

6.芯の太さと高さに注目

芯の太さでも、白菜のおいしさを見極めることができます。

  • ひと玉…芯が500円玉くらいの大きさ
  • 半分にカット…芯の高さが、全体の1/3ほど

上記の条件を満たしているものを購入し、風味豊かな白菜を堪能しましょう。

選ぶべきではない白菜

考える女性

スーパーで購入すべきではない白菜には、以下のような特徴が出ていることが多いです。

  • 葉の先端が枯れている
  • 茎の部分が黒ずんでいる
  • 全体的にしぼんでいる
  • 外葉がついていない
  • 断面が緑色になっている…カットから時間が経過している
  • カット白菜の断面が膨らんでいる
  • 芯が多い…育ちすぎの可能性あり

複数当てはまっているのであれば、鮮度抜群の白菜とはいいがたいかもしれません。美味しい白菜を入手するためにも、購入すべきではないものの特徴も知っておきましょう。

まとめ

白菜には、美味しいものの特徴と、購入するかいったん考えるべき特徴があります。それぞれ覚えやすいものを知り、鮮度の高い白菜を購入しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る