ゴミ出しの『絶対NG行為』5選 意外と知らないマナーやタブーを解説

ゴミを捨てに行く女性

毎日何気なく行っているゴミ出しですが、ルールを誤ると近隣住民に迷惑がかかり、ご近所トラブルに発展することもあります。今回は、ゴミ出しで絶対にやってはいけないNG行為と正しいマナーを紹介します。この機会に改めてゴミ出しのルールを確認しておきましょう。

ゴミ出しのマナー違反者多数!迷惑になっているかも…

ゴミステーション

毎日朝に行われるゴミ出しには、自治体によって細かいルールが設けられているところもあります。また、全国的に共通している基本的なゴミ出しルールもあり、このルールを守らなければ、同じゴミ捨て場を利用している人や回収業者の方に迷惑をかけてしまいます。

ゴミ出しの仕方が悪いとご近所でも噂になってしまったり、中にはご近所トラブルに発展するケースもあるため、きちんとルールを把握し、マナーを守ってゴミ出しする必要があります。

ゴミ出しのルールは、自治体のホームページなどにも記載されているため、今一度、確認しておきましょう。

意外とやりがち…ゴミ出しの『絶対NG行為』5選

ゴミ出し時には、最低限のマナーやルールを守る必要があります。ここでは、意外とやりがちなゴミ出しの絶対NG行為を紹介します。以下の行為は多くの人に迷惑をかけてしまうため、絶対にやめましょう。

1.夜にゴミを出しておく

基本的にゴミ出しの時間は、早朝〜朝8時前後に指定している自治体が多いです。しかし、このルールを守らず、前日の夜や当日の夜中にゴミを出している人もいますが、これは非常に迷惑な行為なので絶対にやめましょう。

夜中にゴミを出してしまうと、夜間に行動している野良猫やカラスなどにゴミが荒らされてしまう恐れがあり、ゴミ捨て場が汚くなってしまいます。

また、ゴミを回収してくれる職員の方も困ってしまうため、夜にゴミ出しは避け、早朝から指定された時刻までに出すようにしましょう。

2.収集日ではない分類のゴミを出す

自治体によって、月曜日は燃えるゴミ、火曜日は不燃ゴミというように、ゴミの分類ごとに収集日が指定されています。この収集日を無視して指定された分類のゴミ以外をゴミ捨て場に出すことはやめましょう。

収集日ではない分類のゴミを出してしまうと、収集する職員の人の手を煩わせてしまったり、そのまま数日間置きっ放しにされることで、ゴミによってはカラスなどに荒らされてしまう恐れがあるからです。

必ずゴミの収集日を確認し、ルールに則ってゴミ出しするようにしましょう。

3.危険物を正しく対処せずにゴミ出しする

ガラスの破片や乾電池などは、ゴミとして出す際にきちんと対処する必要があります。例えば、ガラスの破片であれば、収集してくれる人が怪我をしないよう、新聞紙などで包んでおく必要があります。

この対処を怠ってしまうと、前述したように回収してくれる業者の方が怪我をしてしまったり、危険な事故に巻き込まれてしまったりする恐れがあります。

以前、危険物が正しく対処されていなかったため、収集車から火災が発生するという事故が報告されています。非常に危険なので、危険物は正しく対処した上でゴミ出ししましょう。

4.ゴミ袋の口を縛らずにゴミ出しする

ゴミ袋の口をきちんと縛らずに出していたり、緩く結んだ状態で出している人がいますが、このようなゴミの捨て方もマナー違反です。ゴミ袋の口をきちんと縛っていないと、収集車に入れる際に中身がこぼれ出てしまう恐れがあります。

また、ゴミ捨て場を多くの人が利用している場合、ゴミ袋の口が緩んでいると、後に捨てにきた人のゴミが重なり、倒れてしまった際に散乱してしまう可能性も考えられます。

ゴミ袋の口は必ずきちんと縛ってからゴミ出しするようにしてください。

5.カラス除けネットを掛け直さない

多くのゴミ捨て場には、カラス除けに使用されているネットが置かれています。自分がゴミを出した後、カラス除けネットを掛け直さない人がいますが、これもマナー違反です。

ゴミ袋の上からカラス除けのネットを掛け直さなければ、カラスがやってきてゴミ袋を引きちぎってしまう恐れがあります。すると、中のゴミが辺りに散乱してしまい、同じゴミ捨て場を利用している人や通りがかりの人に迷惑をかけてしまいます。

カラス除けネットが用意されている場合は、必ずゴミ袋の上からカラス除けネットを掛け直し、その場を離れるようにしましょう。

ゴミ出しの時に意識するべきマナーとは?

ネットのかかったゴミ

ゴミ出し時には、同じゴミ捨て場を利用している人や、その場所を通りがかる人の迷惑にならないよう、マナーを守って利用することが大切です。

ゴミ出しの時は、以下のマナーを意識して守りましょう。

  • 露出の多い服装でゴミ捨て場まで行かない
  • ゴミ出しは早朝〜朝8時(自治体によって8時半など)までの間に行う
  • 収集日カレンダーに沿って正しい分類のゴミを出す
  • ガラスの破片や電池などの危険物は正しく対処する
  • ゴミ捨てする時は静かに置く
  • カラス除けのネットは必ずかけ直す
  • 段ボールは出す時にまとめておく

意外にも、「ゴミ捨て場で鉢合わせた人の服装が気になる」「目のやり場に困る」といった声も挙がっているので、ゴミ捨て場にゴミ出しに行く際は、露出度の高い服装は控えましょう。

その他のマナーに関しても、利用者として最低限のマナーです。必ず守り、みんなが気持ち良くゴミ捨て場を利用できるよう配慮しましょう。

ゴミ出しは正しいルールを守って行おう

いかがでしたか。ゴミ出しは毎日のように行われる日課の1つです。正しくルールを守ってゴミ出ししなければ、多くの人に迷惑をかけることになります。今回紹介したNG行為は改善し、マナーを守ってゴミ出しするようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ゴミを捨てに行く女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る