ネクタイにおける『4つのタブー』 絶対NGマナーを徹底解説

赤いネクタイ

ネクタイは、きっちりとした場面や冠婚葬祭に欠かせないアイテムです。どんなものを選ぶべきかわかっていないとなると、もしかすると無意識のうちにマナー違反をしてしまうかも!そうならないためにも、ネクタイに関するタブーを事前に把握しておきましょう。ネクタイに関する基本マナーも、併せてチェックしてみて下さい。

どんな場所でも同じネクタイを使うのはNG!

色とりどりのネクタイ

ネクタイといえば、男性がビジネスなどの公の場で活動するときに使用するイメージが強いアイテムです。ネクタイを締めること=かっちりしている、というイメージを持ちがちですが、普段使っているネクタイを、どんな場面でも使用するのはNG。

場面に応じた色柄のものを選び、ネクタイを汚さないような配慮をするのが大人のマナー!マナー違反をしてしまわないよう、注意しましょう。

ネクタイにおける『4つのタブー』

ビジネスの男性バツマーク

ネクタイにおけるタブーは、以下のものが挙げられます。

1.慶事や弔辞に柄付きネクタイをする

ネクタイは、TPOに合わせた色や柄のものを選ぶべきです。

  • 慶事に真っ黒なネクタイをする
  • 弔辞に真っ白なネクタイをする
  • 慶事と弔辞、双方のそぐわないネクタイをつけて参列する…ペイズリー・チェック・小紋柄・ニット素材など

レジメンタルとドットは、慶事でも着用可能。しかし、おすすめはしない柄です。柄入りのものは、ビジネスの場面で活用しましょう。派手すぎず、場面に応じた色合いのものを選ぶのがポイントです。

2.上司の前でネクタイを緩める

食事会などであっても、基本的に上司の前でネクタイを緩めるのはNGです。会食の席であれば、きっちりとネクタイを締めておきましょう。

ドラマやアニメなどでは、食事をするときにネクタイを緩める描写が多く見受けられます。それを鵜呑みにしてしまうと、失礼な人と思われてしまうかも。

3.ネクタイの剣先が長すぎる・短すぎる

ネクタイの剣先が長すぎたり短すぎたりすると、全体的なバランスがとりづらくなり不格好なイメージを持たれやすい傾向。

  • 短いネクタイ…カジュアルなイメージを持たれやすい
  • 長いネクタイ…不格好なイメージを持たれやすい

自分の体格を考慮し、適切な長さのネクタイを選びましょう。

4.タイピンを使わない

ネクタイを着用するときは、絶対にタイピンをしなければならないというわけではありません。しかし、タイピンを使用すべき場面はあります。

  • 食事の席
  • 頭を下げる可能性があるとき

上記の場面でタイピンを使わないと、ネクタイが垂れ下がってしまい不格好になるかも。食事でネクタイを汚す可能性もあるので、必要に応じてタイピンを使用しましょう。

ネクタイの基本マナー

紺色ネクタイ

ネクタイをするときに基本的なマナーは、以下の通りです。

  • 場面に応じやカラーを選ぶ…慶事では白、弔辞では黒を身に着けるなど
  • 場面に応じた素材を選ぶ…ビジネスの場面でコットン素材のネクタイを選ばず、シルクのネクタイを選ぶ
  • 商談のときは、派手すぎないものを選ぶ
  • 食事をする場合は、事前にタイピンをしておく

初めてネクタイを購入するときは、どのようなものを選ぶべきか悩むものです。適当なものを購入するのではなく、専門スタッフに相談して適切なものを選んでもらうのもアリ!

まとめ

ネクタイは、着用しておけばよいというわけではありません。場面に応じた素材と色柄のものを選び、マナー違反をしてしまわないよう注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
赤いネクタイ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る