寝る前に絶対してはいけない『運気が下がる4つのタブー』

眠る女性

寝る前の習慣は、就寝中や翌朝の運気にかかわってきます。就寝前の行動がよくないと、運気がダウンしてしまうかも!ちょっとした行動に注意するだけで、運気の低下は防げますよ。まずは、寝る前にすべきではない行動をチェックし、自分が行っていないかを確認してみてください。就寝前に行いたい行動も紹介しているので、要チェックです。

就寝前の時間の過ごし方で、運気は変化する

女性用パジャマ

就寝前は、自分のリラックスタイムを作りたいですよね。人それぞれリラックスできる雰囲気は異なりますが、場合によっては就寝前の過ごし方が運気低下の原因になってしまっているかもしれません。

今回は、就寝前にすべきではない行動をご紹介します。運気を下げるNG行為を把握し、運気の低下を防ぎましょう。

寝る前に絶対してはいけない『運気が下がる4つのタブー』

ベッドでスマホを見た女性

寝る前にすべきではない行動は、以下のものが挙げられます。ついやってしまいがちなものも含まれているので、是非チェックしてみてください。

1.嫌なことを思い出す・愚痴を言う

寝る寸前に、今日あった嫌なことや、誰かに対して愚痴を言うのはNG行為です。

  • マイナスの気が部屋に充ちてしまう
  • マイナスに気を就寝中に体が吸収してしまう
  • 気分が落ち込み、嫌な気持ちになる

自分だけでなく、周囲を巻き込んで運気を低下させてしまう恐れがあります。少し嫌なことがあったとしても、できるだけ我慢やスルーでやり過ごしましょう。

2.スマホやテレビを観る

ベッドに入ってスマホやテレビを観る習慣がついている人は、要注意!就寝直前のスマホやテレビは、よくない影響しか受けられません。

  • 安眠妨害につながる
  • 暗い気持ちになるものを見る可能性がある
  • ネガティブな気持ちになり、金運が低下しやすくなる

ポジティブな気持ちになれるものを見ていたとしても、安眠妨害につながります。

3.パジャマではない服で寝る

夜寝るときの恰好にも、注意すべきです。

  • パジャマは寝るときの正装なので、適当な格好で寝ると運気を下げる
  • Tシャツやジャージをパジャマにすると、運気低下につながる

パジャマは代用品でなく、パジャマとして売られているものを着用しましょう。黒やモノトーン、動物の柄物は、運気低下の原因になるので要注意!

4.部屋を汚したまま寝る

風水学上、掃除は基本中の基本です。不潔な空間はネガティブな気が溜まりやすく、運気の低下につながるます。

寝室は寝るときにしか使わないからこそ、清潔で過ごしやすい空間を保ちましょう。休日やすきま時間に掃除を行い、ホコリや湿気が溜まらないよう管理すべきです。

寝る前に試したい、運気アップにつながる行動

安眠する女性

就寝中や明日朝目覚めたときに、運気をアップさせたいのであれば、以下のことを試してみてください。

  • 今日の幸せだったことを思い出す
  • いいことだけを日記につける
  • 好きな音楽を聴いて、安らかな気持ちになる
  • 今日の自分の頑張りを、自ら認めて褒める
  • 明日も素敵な日になると、期待を込めて就寝する
  • 清潔なパジャマを身に着ける

実践しにくいものは含まれていないので、自分が無理なく続けられるものを探してみましょう。数回試すだけでは効果が出ない可能性が高いので、できれば習慣のひとつとして組み込み、毎日実践してみてください。

まとめ

寝る前の習慣に気を付けるだけで、就寝中の運気をアップさせることができます。どれも簡単なことなので、NG行為を避け明日の自分がハッピーになれる行動をするよう心がけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
眠る女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る