シンクの排水口がすぐ臭くなる…!一番の原因とやるべき対策はコレ!

シンクの排水口が臭い理由とは?

シンクから、なんだか嫌な臭いがする!シンクの臭いは、決して無視できるものではありません。そのまま放置してしまうと、キッチンだけでなくリビングにも嫌な臭いが充満してしまうかも!まずは、シンクが臭くなる一番の原因をチェックしてみてください。シンクの臭いを撃退するための対策を把握し、臭いのない清潔なシンクを目指しましょう。

シンクが臭くなる一番の原因はコレ!

鼻をつまむ女性

台所の中でも、臭いが気になりやすいのがシンクです。シンクから臭いが発生してしまう一番の原因は、お手入れ不足!

お皿や生ゴミが置いてある部分のみならず、ゴミ受けやその奥のメンテナンスも定期的に行うべきなのです。その部分のお手入れが不足してしまうと、どうしても臭いが出やすくなります。特に夏場は、こまめにお手入れしなけば、すぐに嫌な臭いがし始めてしまうかもしれません。

排水口のどこから臭いが出ているのかを解析

シンクの生ゴミ

排水口のどの部分から臭いが発生しているのかを把握し、自宅のシンクが臭う原因がなんなのかを突き止めましょう。

1.ゴミ受けが不衛生な状態

まず最初にチェックしたいのが、最初に汚れる可能性が高いゴミ受けです。

  • シンクのゴミ受けに、生ゴミが残っている
  • ゴミ受けの中に、劣化したゴミやエキスが残っている
  • ゴミ受けそのものを掃除をしない

ゴミ受けはお手入れしやすい場所なので、ついさぼってしまいがちになる人も多いのではないでしょうか。

2.排水トラップに不具合がある

排水トラップは、ゴミ受けの下にある部分で、お手入れするとなると少し気合を入れる場所です。

  • ワントラップの位置がずれている
  • ワントラップが取り付けられていない
  • 封水の水が不足している
  • ワントラップや封水の壁に、ヌメリを伴う汚れがへばりついている
  • 排水トラップ内に生ゴミがある

ワントラップは、洗ったあとに取付忘れやすい部品です。ついうっかり取り付けを忘れてしまうと、シンクをどんなにきれいな状態に保っていても、すぐに臭いが立ち込めてしまいます。

3.排水ホースに不具合がある

排水ホースとは、シンクの下に伸びている部分を指します。

  • 排水ホースにヒビが入っている
  • 排水ホースと塩ビ管の間に隙間ができている
  • 排水ホースと塩ビ管にヒビが入っている

排水ホースや塩ビ管に不具合がある場合は、ホームセンターやネット通販でメンテナンスグッズを入手しましょう。

シンクの臭いを防ぐ方法

シンク掃除

シンクの臭いを防ぐためには、以下の方法を試してみましょう。

  • 使用後のシンクに、50℃以上のお湯を流し込む
  • アルコール消毒を行い、臭いのもとを断つ
  • 調味料や油をシンクに流さない
  • ゴミをため込まない
  • 定期的に台所漂白剤などでゴミ受けを洗浄する

シンクの臭いを防ぐためには、こまめにメンテナンスを行うことが一番です。季節に応じて、梅雨や夏は特にまめなメンテナンスを行う必要があります。

また、料理を作る過程で出た野菜くずなどは、その都度処理してため込まないようにしましょう。調味料や調理後の残り油などをシンクに流していると、臭いの原因につながります。環境への負担も大きくなってしまうので、調味料や油は別個に処理するのがベストです。

まとめ

シンクの臭いを防ぐことは、決して難しいことではありません。臭いが漂っていたり、メンテナンスをしてもすぐに臭いが復活する場合は、原因を把握し対処しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
シンクの排水口が臭い理由とは?

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る