髪を染めた後にしてはいけない『NG行為』5選!カラー後のタブー、やっていませんか?

美容院で理想の色に髪の毛を染めてもらうと、美しい仕上がりについうっとりしてしまいますよね。その美しい仕上がりを長くキープしたいと思っているのに、なぜか数日後には色が落ち始めているとなるとがっかりしてしまいます。すぐに髪の色が落ちてしまう人は、もしかするとカラー後にすべきではない行動を取っているのかもしれません。

しっかり染めたはずなのに、すぐに色が落ちてしまう…

髪を気にする女性

美容院で髪をきれいに染めてもらうと、気分がアップしますよね!きれいに染まった髪は、できるだけ長い期間美しい状態をキープしたいものです。

気を付けているはずなのに、なぜか数日後には髪の色が落ちてしまっているという人は、もしかするとカラー直後にすべきではない行動を取っているのかもしれません。どのような行動がNGなのかを、チェックしてみてくださいね。

髪を染めた後にしてはいけない『NG行為』5選!

バツ印を出す女性

髪を染めたあとにすべきではない行動は、注意しなければついうっかりやってしまうものが多く含まれています。

1.カラーしてすぐに髪を洗う

髪を染めたその日のうちにシャンプーしてしまうと、想像以上に色落ちしてしまう可能性があります。

  • 髪に入れた色が安定していない
  • 髪の毛に色を入れた直後は落ちやすい
  • 髪をごしごし洗うと、色落ちしてしまう

髪を染めた当日は、できるだけ髪を洗わないようにしましょう。どうしても髪を洗いたい場合は、髪を染めたあと美容師さんに相談してみてください。

2.髪が濡れたまま放置

髪の毛が濡れたままの状態だと、髪に大きな負担を与えてしまいます。

  • 洗ったあと、自然乾燥させる
  • 最初に髪を洗い、湯船にゆっくり浸かる
  • プールや海で髪を濡らしたまま遊ぶ

髪が濡れるとキューティクルが開くため、色落ちしやすくなります。カラーは髪に負担をかける行為なので、髪の水分を放置してしまうのは絶対NG!

3.髪の毛を高温のものに触れさせる

髪の毛に温度の高いものを付着させる行為は、髪の色を落とす原因につながります。

  • 熱い温度のお湯…キューティクルがふやけて色落ちしやすくなる
  • 180℃以上のヘアアイロン…色が飛ぶ

髪を洗うときは、頭皮のことも考慮して37℃前後のお湯を使うのがおすすめです。ヘアアイロンは、140~160℃で設定して使用しましょう。

4.洗浄力の高いシャンプーを使う

石油系シャンプーをはじめとする洗浄力の強いシャンプーは、髪や頭皮に大きな負荷をかけてしまいます。

  • 洗浄力が強いと、キューティクルが傷みやすくなる
  • 髪や頭皮への負担が増える

洗浄力が弱い、アミノ酸系シャンプーに切り替えると、負担を軽減できます。洗い方などを工夫し、上手に髪をメンテナンスしましょう。

5.紫外線対策をしないまま直射日光を浴びる

紫外線は、肌や頭皮にだけ大きな負荷をかけるのではありません。髪の毛にも負荷をかける要因になります。

  • 髪の細胞を破壊する
  • 色落ちしやすくなる

紫外線カットの専用ヘアスプレーで対策をするか、ショートヘアの場合は帽子をかぶるなどの適切な対処法を試して髪を紫外線から守りましょう。

カラー後の正しいケア方法

髪をケアする女性

美容院でカラーをしてもらったあとは、以下の方法で髪をケアすると色落ちしにくくなりますよ。

  • 洗浄力の低いシャンプーに切り替える
  • 入浴後、できるだけ早くしっかりとタオルドライする
  • ドライヤーでしっかり髪を乾燥させる
  • プールや温泉などでは、髪が濡れにくいよう束ねる
  • 濡れたら放置せず、こまめに拭き取り乾燥させることを心がけす

カラー後の髪の毛は、とってもデリケートな状態です。髪の毛や頭皮への負担がかからないようなケア方法を心がけると、髪の毛に入れた色が安定しやすくなります。できるだけ長く髪色を保つためにも、上記のことに注意して髪をケアしてみてください。

まとめ

せっかく髪に入れたカラーを数日で台無しにしないためにも、普段のケア方法を見直すことが重要!髪と頭皮にやさしいケアを実践し、美しい髪色をキープしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる