入院お見舞いに行ってはいけない『NGなタイミング』4選

病室のベッドにいる患者

知人が入院したと聞くと、心配ですぐに駆けつけたくなる人は多いですよね。しかし、相手の病状や精神状態に配慮したタイミングでお見舞いに行くべきです。今回は、入院お見舞いにNGなタイミングや最も良いタイミングをご紹介します。

入院お見舞いに行くタイミングは相手に配慮して

入院患者に寄り添う看護師

友人や知人が入院したとの知らせを聞いたら、皆さんはいつお見舞いに行きますか。親しい間柄であればあるほど、相手の状態を心配に思い、早くお見舞いに行きたいと考える人も多いでしょう。

しかし、病気や怪我などの理由で入院している人は、健康な人が想像できないほど体力的にも精神的にもダメージを負っています。誤ったタイミングで行くと、相手を励ますどころか負担になってしまったり、ご家族に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

したがって、入院お見舞いに行くタイミングは相手に配慮し、適切なタイミングでお見舞いに行きましょう。

入院お見舞いに行ってはいけない『NGなタイミング』4選

相手が負担に感じたり、ご家族に迷惑をかけてしまうタイミングでのお見舞いは避けるべきです。ここでは入院お見舞いに行ってはいけないNGなタイミングをご紹介します。

1.入院してから2〜3日以内

入院してから2〜3日は、今後のスケジュールを確認したり、様々な検査が行われたりと忙しい日々が続きます。また、新たに病気が見つかったことで入院している場合は、ご本人が精神的にもダメージを負っている可能性も高いです。

入院直後は、このように様々な理由で他人が近づくタイミングとしては不適切です。したがって、入院お見舞いに行く際は、入院してからご本人やご家族が落ち着いた頃合いを見計らって訪れましょう。

2.手術日の前後

手術を予定している方のお見舞いに行く場合は、手術日の前日や手術してから2〜3日はお見舞いを避けるのがマナーです。

手術前日は精神的にも負担がかかりやすく、家族とのんびり過ごしたいという人も多いです。また、手術後は体力的にも厳しい日々が続いたり、術後のダメージを負っている時期です。

したがって、手術前日や手術してから2〜3日は、お見舞いを避け、状態が落ち着いてからお見舞いに行きましょう。

3.面会時間外

病院ごとに面会時間は決まっています。当たり前ですが、面会時間外にお見舞いする行為は、ご本人はもちろん、病院側にも迷惑がかかるため、絶対にやめましょう。

また、お見舞いとして面会する時間は、相手の負担を考え、基本的に20分以内とするのがベストです。入院しているご本人が「一緒にいてほしい」と仰る場合は、長居しても良いですが、あまり長居すると体への負担が大きいので、適切なタイミングでお暇しましょう。

4.午前中

病院によって面会時間は異なりますが、多くの場合、入院患者との面会時間は午後に設定されていることが多いです。これは、午前中の面会は、入院している患者様への体の負担が大きいからです。

しかし、中には午前中から面会可能な病院もあります。どうしてもこの日の午前中でなければ難しいという場合を除き、基本的には午後に面会することをお勧めします。

お見舞いに行っても良いか確認は必須

お見舞いに行く際は、突然お見舞いに行くのではなく、ご本人やご家族に「お見舞いに行っても大丈夫か」「いつ頃ならば都合が良いか」などを確認することが大切です。

事前に確認することで、相手に負担をかけずにお見舞いすることができますし、相手も「この日に来る」と事前準備ができます。

入院お見舞いに行くのにベストなタイミングは?

車いすの置物と花

入院お見舞いに行く際は、相手の負担にならないようタイミングに配慮する必要があります。以下のタイミングであれば、迷惑にならず負担をかけることも少ないのでお勧めです。

  • 面会時間内に行くことは大原則
  • 入院や手術してから4〜5日後など病状が安定してから
  • お昼ご飯の後など比較的落ち着いている午後

しかし、人によって都合の良いタイミングは異なります。そのため、やはりお見舞いに行く際は、事前に都合の良いタイミングを尋ねてから行くべきでしょう。

入院お見舞いは相手の体や心の状態に配慮して

入院お見舞いに行く際は、相手の体の状態や心の負担にならないようなタイミングを選ぶ必要があります。入院直後や手術日の前後などは避け、相手の負担にならない時間帯を選んで訪れるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
病室のベッドにいる患者

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる