シロアリが発生する家に共通している4つのこと 気を付けるべき時期は?

アリと家

シロアリは、家を食い荒らしてしまう恐ろしい虫です。年中活動しているので、いったん家に侵入してしまうと一気に増えてしまい、気づいたときには手遅れになっていることもあります。まずは、シロアリの活動時期についてチェック!シロアリが好む家の特徴を把握し、自宅が当てはまっていないかを確認してください。

シロアリの発生に注意すべき時期とは

シロアリ

家を食い荒らしてしまうシロアリ、怖いですよね。シロアリにはいくつかの種類があり、中でも羽アリ活動時期が若干異なります。

  • ヤマトシロアリ…4~5月、生息範囲が広い
  • イエシロアリ…6~7月、日本の南側に生息
  • アメリカカンザイシロアリ…7~10月、生息範囲が狭い

シロアリの羽アリは上記の期間でよく見られますが、シロアリの活動期間に四季は関係ありません。一度家に入られると、常に女王アリが産卵し、数が増え続けているのです。

シロアリが発生する家に共通している4つのこと

考える夫婦

シロアリが好む家には、いくつかの共通点がみられます。

1.鉢植えや盆栽がたくさんある

シロアリは、家以外の木材や湿気も好みます。

  • 草木が生い茂って日当たりが悪く、湿気が多い
  • 雑草などでうっそうとしている
  • 盆栽や鉢植えなどが豊富

シロアリの餌となるもの、過ごしやすい環境が整っているのは危険!

2.家の周りに木が多い

家の周りに、シロアリの餌となるものがたくさんあるのは危険信号!

  • 家周辺の柵が木造
  • 近場に公園や森林がある
  • 家の周りに木造の家具を放置している

家に設置するものは、自分たちで選べます。しかし、公園や森林はもともとあるものなので、上手に付き合いつつ対策を練っていきましょう。

3.床下に空気が通りにくい

家の設計上、シロアリが侵入しやすい環境が整いやすい可能性があります。

  • 床下そのものが低くて狭い
  • 通気口の数が少ない
  • 通気口をふさぐように物を置いている

家は、室内に限らず通気性をよくしておくべきです。通気口をふさぐような形で大きなものを置いてしまうと、シロアリから狙われやすくなるので要注意!

4.家全体の湿気が多い

家全体に湿気が多いと、シロアリが繁殖しやすくなります。

  • 押し入れがじめじめしている
  • 雨漏りしている

もともと湿気が多いのであれば、湿気を排除するアイテムを適度に使用しましょう。雨漏りしたら放置せず、その都度業者に相談して修繕するのがおすすめです。

シロアリが侵入しないよう注意すべき点

食い荒らした家

シロアリは、いったん侵入したら素人では駆除するのが難しいものです。シロアリの侵入を防ぐためには、以下の点をチェックしましょう。

  • 家の周りに、餌となる木材を置かない
  • 家の周りに不要なものを置かず、風通しのよい環境を作る
  • 水漏れ、雨漏りを発見したら、できるだけ早く修繕を行う
  • 建築から5年が経過している家

上記の点に注目し、シロアリの侵入しにくい環境を整備しましょう。

鉄筋コンクリートの家であっても、シロアリは侵入し、被害を被る可能性は十分にあります。小さなひび割れから侵入し、餌となる部分を食い荒らすため、木造の家だけでなく鉄筋コンクリートの家もシロアリには注意すべきです。

まとめ

シロアリは、どんな家でも発生するリスクを持っています。築年数や周辺環境、家の状態などを考慮し、不安な点がある場合は専門業者に相談してみましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
アリと家

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る