Wi-Fiの通信速度が遅い!7つの原因とそれぞれの対処法

WIFIルーター

インターネットをする際に通信速度が遅かったり、通信が途切れてしまうという経験はありませんか。特に仕事で使う場合は、タスクがはかどらず困ってしまいます。Wi-Fiの通信速度が遅い場合にはいくつか原因が考えられます。それぞれの対処法もあわせて解説いたしますので、Wi-Fiの通信速度に不満のある方は参考にしてみてください!

Wi-Fiの通信速度が遅い!7つの原因とそれぞれの対処法

パソコンで作業をする女性

1.ルーターとの距離が離れすぎている

ルーターと端末の距離が離れすぎていると、それだけ電波も届きにくくなり通信速度も遅くなります。ルーターを設置していない部屋で端末を使うと電波が届きにくい場合は「Wi-Fi中継器(無線LAN中継器)」を設置すると手軽に電波を補強できます。

2.ルーターとの間に壁や天井、家具などの障害物がある

Wi-Fiは障害物がなければ100mの空間を飛ぶといわれています。ところがWi-Fiと端末の間に、壁や天井、家具、ドアなどがあるとそれらが遮断物となり電波がさえぎられてしまうことがあります。

ルーターを壁から離しておく、扉付きのテレビボードの中には入れない、などできるだけ障害物から離しましょう。コンクリートや金属は電波を遮断しやすく、意外かもしれませんが「水」も通信の障害になりやすいため、水槽や中身の入ったペットボトルをルーター付近に置かないほうがいいでしょう。

3.家電から電波干渉を受けている

電子レンジやコードレス電話機などの家電が発する電波とWi-Fiの電波がお互いに干渉しあい、通信状態が悪くなることがあります。

特に電子レンジで使われる電波は、庫内から漏れないように設計はされているものの、非常に強い電波のためWi-Fiの電波に影響が生じやすいそうです。Wi-Fiルーターは電子レンジの近くに置かないようにしましょう。

4.回線につながっている端末が多すぎる

1台のルーターに対して、接続している端末が多すぎることもWi-Fiの通信速度が遅くなる原因となります。

一般的にはモバイルタイプは5~10台、据え置きタイプは10台以上接続できるといわれていますが、家族みんながそれぞれ端末を使ったり、店内で多くの人がスマホなどを使用していると回線が込み合いつながりにくくなります。

5.Wi-Fiの設定に問題がある

Wi-Fiでは、2.4GHz帯と5GHz帯の2つの周波数が利用できるため、変更することで遅い通信を改善できます。テレビや電子レンジの周波数帯は、2.4GHz帯と干渉しやすい特徴があるため、使っている端末(パソコンやスマホ)の周波数を切り替えてみましょう。

6.インターネットサービスプロバイダーとの契約内容に問題がある

ルーターと端末との距離も近く遮断するようなものもないのに、通信速度が遅い場合はインターネットサービスプロバイダーとの契約内容やルーターのスペックに問題があることも考えられます。契約しているプロバイダーとの内容を念のため確認してください。

7.ルーターの不具合

ルーターに不具合が生じている場合も、通信が遅くなる原因となります。その場合は再起動することで簡単に改善されることもあります。電源ボタンから再起動するか、電源ボタンのないルーターでは電源コードを抜いて1分程度ぬいたままにしてから挿しなおしをしてみてください。

通信速度が遅くなるのを防ぐルーターの置き場所

スマートフォンと電波

Wi-Fiの通信速度が遅くなるのを予防するには、置き場所をよく考えて設置することが重要です。置き場所はできるだけ家の中央で、近くに壁などの障害物があまりないところが最適です。

  • 床から1〜2m離れた高さのある場所
  • 棚のガラス扉や布、カバーなどで覆わない
  • 窓際から離れた場所
  • 電子レンジやテレビなどの家電製品から離れた場所

などを意識してみてください。

パソコンやスマホのアップデートやストレージ容量にも注意!

ルーターは見た目の問題でテレビボードの収納扉などに入れておきたくなりますが、ご紹介したよう、遮るものがあると通信も悪くなりやすいです。

また端末側に問題があって遅くなっていることも考えられます。パソコンやスマホは適切にアップデートして、メモリーやストレージ不足にならないよう使っていないアプリや不要な動画は削除する習慣を付けましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
WIFIルーター

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る