お金が離れていく『NG行為』5選!貯金が苦手な人がしている散財とは?

電卓を持って頭を抱えている女性

「そんなに使っている気はないのに、なぜかお金が貯まらない」「今月あと何円しかない」と困ることが増えていませんか。もしかすると、知らぬ間にお金が離れていく行動を取り入れてしまっているのかも…。きちんとお金の流れを把握して管理していきましょう!

浪費している気はないのになぜかお金がない!

財布を持って頭を抱えている女性

「たくさん使いすぎている意識がないのに、なぜかお金が足りない!」とお困りではありませんか。娯楽やエンタメ関連に使用している感覚はないのに、お金が足りないということは、他の部分で不必要な支出を増やしてしまっているということです。

お金が足りない原因がわからないと悩んでいる人の多くは、家計簿をつけていなかったり、家計簿をつけていても確認していないことが多いです。

お金がないと感じる人は、まず家計簿をつけることから始め、自分が何にどれだけお金を使っているのか把握するところから始めましょう。

やってない?お金が離れていく『NG行為』5選

「お金が足りない」と言う人の多くが、お金が離れていくNG行為を日常的に取り入れています。ここで紹介するような行動が1つでも当てはまった方は、まずはそこから改善していきましょう。

1.衝動的に使ってしまう

意外と見落としがちな点として、衝動的な買い物が挙げられます。特に最近はネットを経由して簡単に買い物ができるため、使っている意識がないのに気付いた時には大量の出費になっている…という例が増えています。

このように感情に流されるままお金を使ってしまうと、たとえその額が少額であっても、1ヶ月後には大きな金額となります。

衝動に流されて買い物をする前に、まずは本当に必要かどうかを考える時間を作るようにしましょう。次の日になると「やっぱりいらないかも」と考えが変わることも多いですよ。

2.細々と不必要な支出を増やしている

大きな買い物や娯楽に使用していなくても、細々と不必要な支出を増やしているケースも多く見られます。

例えば、自販機の缶コーヒーも1缶130円します。これを毎日1本購入していれば、食費が約4,000円分かかることになるのです。このように見ると大きな額だと感じませんか。ペットボトル飲料であれば、もっと額は大きくなります。

他にもコンビニスイーツやお菓子など、一見少額に見える商品でも、塵も積もれば山となる、です。家計簿につけて確認してみると、そうした不必要な少額商品が原因となっているご家庭も多いです。

3.部屋の中をきちんと整理整頓していない

「関係あるの?」と思われるかもしれませんが、部屋の中がごちゃごちゃしており、整理整頓されていないと、お金を散財してしまう原因となり得ます。

生活用品などは、お部屋の中を見て「〇〇がない」と思い立ち購入することが多いと思います。その際、本当はあるのに、部屋の中が整理されていないことで見つからず、購入する必要のない商品を買ってしまうことがあるのです。

「どうせ後で使うからいいのでは」と思われるかもしれませんが、こうしたケースが増えてしまうと、それだけで1ヶ月の家計費は多くなります。

まずは何がどこに収納されているか、家族全員がわかるように整理整頓するところから始めてみましょう。特に日用品や食品は購入頻度が高いので、見てわかるように収納するように工夫しましょう。

4.使ったお金を管理していない

「なぜお金が足りないのかわからない」と言う人の多くは、基本的に家計簿をつけていないことが多いです。お金をどこに使ったのか把握していないため、改善しようにも改善できず、「お金が足りない」状況を脱出できないのです。

家計簿をつけていないという方は、まずは家計簿をつけて、お金がどこに使われているのかを把握するところから始めてみましょう。「面倒くさい」という方も、最近はスマホアプリがあるので、ぜひ活用してみてください。

5.使っていない定期出費が多い

最近は「サブスク」と言われるコンテンツサービスや、定期購入による特典が埋められるサービスなどが増えてきています。しかし、こうしたサービスは便利な反面、解約する際の手続きが面倒に感じることも多いですよね。

無駄な支出を確認してみると、案外すでに視聴していないサブスクを契約したままだったり、スマホの契約も不必要なオプションがついていたりすることが多いです。

こうした毎月必ず引き落とされる定期出費は、現在使っているものだけに絞り、不必要な契約は解除するようにしましょう。

お金を貯めるにはお金の流れを管理するところから始めて

豚の貯金箱と貯金のイメージ

ここまでご紹介してきたNG行為を見てもわかる通り、お金の散財を止めるためには、まず自分が使っているお金の流れを把握することが大切です。

  1. 1ヶ月の家計簿をつける(支出と収入を把握)
  2. 全体の支出を見て、特に無駄な支出が多い部分をピックアップ
  3. 翌月からそのカテゴリーの予算を少なめに設定して無駄遣いを意識的に減らす

1ヶ月のお金を全て節約することは難しいので、まずは最も無駄遣いが多いカテゴリーから意識的に減らしていく努力をしましょう。

1ヶ月に使える家計費を決め、その金額を1週間ごとに使用できる金額に分けて管理するのもオススメです。金額が少なく設定されればされるほど、管理がしやすくなるので、「1ヶ月は自信ない」という方は、まず1週間から始めてみましょう。

スマホアプリを有効活用して浪費を防ごう!

最近では、さまざまなスマホアプリが誕生しています。家計簿アプリだけでも多くのアプリがサービス提供されています。銀行やクレジットカードと連動しているアプリもあるので、「一々記入するのが面倒くさい」と感じる人にもオススメです。

また、家にストックしてある食品や日用品を管理するアプリもあります。このようなアプリで家にある物を管理しておけば、不要なものを買わずに済みますよ。

無駄遣いを減らすには自身の管理からスタート

いかがでしたか。無駄遣いを減らすには、まずは自分が何にどのくらいお金を使っているのか把握するところから始めるべきです。最も無駄遣いの多い支出を少しずつ減らし、お金の使い方を改める努力をしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
電卓を持って頭を抱えている女性

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る