水筒の内側が乾かない!しっかり効率よく乾燥させる『5つのコツ』

水筒の内側を乾かす方法は?

水筒は、自分の好きな飲み物を気軽に持ち運ぶがことができる、とっても便利なアイテムです。しかし、内側が乾きにくいという点も兼ね備えています。今回は、水筒の内側を効率よく乾かす方法についてまとめました。自宅で簡単になめせるものばかりなので、気軽に試してみてください。内側の水分を放置すると起こる可能性のあることも要チェック!

水筒の内側、乾きにくいですよね

マイボトル

水筒は、保冷保温両方に対応しているものであればオールシーズン使用できるため、とっても便利ですよね。節約にもつながるため、マイボトルを持参している人は少なくありません。でも、水筒は空気が通りにくい形をしているので、洗ったあとなかなか乾きにくいものです。

今回は、水筒の内側を拘置るよく乾かす方法をご紹介します。自宅で簡単に試せるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

水筒の内側をしっかり効率よく乾燥させる『5つのコツ』

考える主婦

水筒の内側を効率よく乾かすためには、以下の方法を試してみてください。

1.湯切りをする

温かいお湯を入れても問題ない水筒であれば、熱したお湯を入れて湯切りすると、水筒の中が乾燥しやすくなりますよ。自宅にあるものを使用するので、無理なく実践できますよ。水筒を洗う間にお湯を沸かしておけば、時間を有効に活用できます。

2.タオルやキッチンペーパーで事前に水分を拭き取る

布巾やキッチンペーパーで水筒の中を軽く拭くだけで、水筒内は乾きやすくなりますよ。

清潔な布巾や未使用にキッチンペーパーを使用することが条件なので、場合によっては少し面倒と思うこともあるかもしれません。しかし、実践しやすく、家事初心者でも気軽に試せるのは大きなメリットです。

3.水切りラックを使う

水筒用の水切りラックを使用すると、水筒の中に空気が入りやすいため乾くのが早くなりますよ。いろいろなものが販売されていますが、お試しで購入したいのであれば100均のものを使用してみるのもアリ!

4.珪藻土アイテムの使用

水分をしっかり吸収することで有名な珪藻土は、水筒の内側を乾かしたいときにも大活躍してくれます。100均で購入できる、適度な大きさのスティックタイプを使用するのがおすすめ!

5.専用アイテムを使う

水筒の内側にある水分を乾かすための、ボトル乾燥スティックを使用するのもおすすめです。専用アイテムなので、水筒の中を効率よく乾かすことができますよ。形がシャープで持ち運びやすいので、お泊りなどに持参することも可能です。

水筒の内側が湿ったままだと起こるかもしれないこと

水筒を洗う女性

水筒の内側についた水分をそのまま放置してしまうと、以下のことが起こりやすくなります。

  • 雑菌の繁殖
  • 害虫の侵入
  • ボトルの劣化

温かくなると家の中に現れ始めるゴキブリやゲジゲジといった害虫は、水筒やシンク、歯ブラシなどから水分補給をしていることがあります。

また、水分が付着したまま放置することで細菌の繁殖につながり、ボトルに入れた飲み物の劣化を早めてしまうかもしれません。食中毒の原因にもつながるので、ボトルの内側に付着した水分は効率よく乾かすのが吉!最後にひと手間加えて、ボトル内が清潔な状態でキープしましょう。

まとめ

水筒の内側は、乾きにくい構造になっています。だからこそ効率よく乾かす方法を実践し。トラブルに見舞われないようにしましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
水筒の内側を乾かす方法は?

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる