衣替えシーズンにしてはいけない『服の収納方法』7選!NGな理由とおすすめの方法

衣替えのNG収納とは

洋服の衣替えは、季節が大きく変わるときに必ずやってきます。面倒だと思うかもしれませんが、適切な方法で衣替えをしておくと次のシーズンを迎えたときに良好な状態で洋服を身に着けられますよ。まずは、ついやってしまいがちな、衣替えのときに洋服にすべきではないNG行為をチェック!正しい衣替えの方法も、紹介しています。

定期的にやってくる衣替え

タンスに入った洋服

衣替えのタイミングは、春先と秋の2回やってきます。出す洋服をタンスに収納するだけでなく、今まで来ていた洋服をケースにしまう作業なので、手間と時間がかかりますよね。

洋服の収納方法が適切ではない場合、大切な洋服に深いしわがついたり虫食いができてしまうかもしれません。きれいな洋服を長く着用するためにも、正しい洋服の収納方法を身につけましょう。

衣替えシーズンにしてはいけない『服の収納方法』7選!

バツ印を出す主婦

衣替えのときに洋服にすべきではない、NGな収納方法は以下の通りです。

1.洗わずに収納する

数回しか着ていない冬物は、汗もかいてないし汚れもないからと、そのままたたんで収納してしまうのはNG!

着用した衣類には皮脂などの汚れが付着しているため、1年間そのままの状態で衣装ケースに入れておくと、首回りや脇などが黄ばんでしまいます。特に白色は、黄ばみが目立つため要注意!

2.ニット類をハンガーにかけて収納

大きなニット類は、たたんでもかさばりやすいですよね。ハンガーにかけておけば、場所を取らずに収納できて便利ですが、重力に引っ張られて型崩れしてしまいます。

ニット類はかさばってもたたんで衣装ケースに収納するのがおすすめ!防虫剤を忘れずに入れて、衣がえ行いましょう。

3.ブラウスやサテン生地の洋服をたたんで収納

ブラウスやサテン生地、シルクはたたんでしまうと深いしわがついてしまいます。ブラウス類は、ハンガーにかけて保存するのがおすすめです。ハンガーにかけて保存するとき、通気性を保ってしわができないよう配慮してくださいね。

4.たたんだ衣類を衣装ケースに詰め込む

洋服を衣装ケースにしまうのは、衣替えでオーソドックスな方法です。しかし、衣装ケースにぎゅうぎゅうパンパンに洋服を詰め込んでしまうのはNG!洋服を詰め込むと、上の洋服の重さで下の洋服に深いしわができてしまいます。

5.衣装ケースの掃除を行わずに服を収納する

衣装ケースの中には、目には見えない害虫の卵などが落ちている可能性があります。それを放置したまま洋服を衣装ケースに入れてしまうと、卵が孵化して、洋服が害虫の餌食になってしまうかもしれません。

洋服を衣装ケースに収納する前は、衣装ケースの掃除機をかけて除菌シートなどで拭き上げると安心ですよ。

6.防虫剤をケースの一番下に入れる・防虫剤を入れない

防虫剤は、洋服をガスで覆って虫から守るアイテムです。防虫剤を衣装ケースの一番下に入れてしまうと、その効果が十分に発揮されません。

また、防虫剤を入れずに頃魔替えを完了させてしまうというのもNG。高級な素材でできている洋服は虫が好んで食べに来ます。

7.服をたたまずに収納する

洋服をたたまずに衣装ケースに詰め込んでしまうと、洋服全体に不自然なしわがたくさんできてしまいます。型崩れにもつながるので、洋服はたたんで収納してくださいね。

雑なたたみ方をしてしまうのも、よくありません。妙なしわができてすぐに着用できない状態になってしまうと、すべて洗濯しなおすことになります。

衣替えのときに試したい、服の収納方法

衣替え

衣替えで衣類に大きな負担をかけない保存方法を実践し、お気に入りの洋服に無駄なシミやしわを作らないようにしましょう。

  • ハンガーにかけるものとたたむものに分ける…ブラウス類・プリーツ付きのボトムス・コート類はハンガー、その他は畳んで収納
  • しわのつきにくいたたみ方を実践する…袖を肩から内側に折り込み、左右に三つ折りにして上下を三つ折りにする
  • 防虫剤を入れて、虫から洋服を守る

洋服はふんわりとたたみ、ケースに押し込まない衣類の数に応じて、衣装ケースを用意しましょう。押し込まない収納なので、衣装ケースは多めに準備しておくのが吉!ハンガーにかけた衣類も、防虫カバーなどをかけておくと安心です。

まとめ

衣替えをするときは、洋服の取捨選択も同時に行うと、洋服の数が調整できますよ。衣替えと断捨離を同時に行い、収納スペースもすっきりさせましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
衣替えのNG収納とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる